FC2ブログ

パネルのCPT、中国の車載IoT市場で成果

EMSOne
【液晶パネル】 パネルのCPT、中国の車載IoT市場で成果

CPT_logo_image.jpg

中小型パネルの台湾CPT華映)が、IoT(モノのインターネット)のうち自動車に特化する
「IoV」(Internet of Vehicle)で、中国市場に対する取り組みで成果を上げ始めている模様だと報じられています。


台湾紙『経済日報』が報じたもので、移動通信中国最大手チャイナモバイル(China Mobile=中国移動)の
第4世代通信(4G)TD-LTEモジュールを内蔵し、音声通話、ショートメッセージの送受信、データ伝送などの
機能を備える車載パネルや、中国アリババ(阿里巴巴)の「Yun OS」(阿里雲=Aliyun)を搭載した
10.1型車載パネルモジュールを開発、独BMWなどが採用するカーナビシステムの
中国Road Rover(路用科技)に供給するとの事です。

電子ジャーナル:【LCD】CPT、車載用ディスプレイ部門の成長を予測

また、DigiTimesによると、CPTでは2015年において車載用ディスプレイの製品ラインナップを
拡充するとともに、今年も車載用ディスプレイ部門の成長を予測しているとの事です。
同社の2014年における車載用ディスプレイの出荷台数は約1000万台、年間成長率は37%だったとの事。

当ブログ関連記事
TouchTaiwan 2014、タッチパネルはディスプレイ一体型の展示が目立つ
【液晶パネル】 中小型パネルのCPT、スマホ・車載・オンセルに注力 2014年
【液晶パネル】 CPTとFocalTech共同開発のOn-Cellタッチパネル、中国CoolPad採用

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter