FC2ブログ

シャープ、ジャパンディスプレイとの統合を否定

日経テクノロジーオンライン
シャープ、ジャパンディスプレイとの統合を否定

SHARP Photo by Takahisa Suzuki

シャープは2015年3月10日、液晶ディスプレーに関する記者説明会を開催しています。
質疑応答では同社 代表取締役 専務執行役員 デバイスビジネスグループ担当の方志教和氏が
記者からの質問に答えています。


――素晴らしい技術がありながら、なぜ収益面で苦戦しているのか。
また、シャープ全体にとって、液晶事業の役割の位置付けは。

方志氏 2012年度は液晶事業だけで1389億円の赤字だった。
2013年度は営業利益415億円、2014年度は400億円の営業利益の見込みだ。
競合を含めて同じ目線で比較すれば、液晶事業自体の収益という面では、
それほど苦戦というほどの落ち方でもない。
液晶事業はシャープ全体の事業規模の半分を占めているので、
今回紹介したような付加価値技術で全社を支えていかねばならないと思っている。

――JDIと一緒になったほうがいいのではという声もある。
この点についてどう考えているか。

方志氏 我々の液晶ディスプレーは小型品だけではない。
スマートフォンは大きな投資が必要な高精細での勝負になっていた。
ただ、ここはかなりのレベルに達した。
これからは中型や大型という「IGZO」の優位性を生かせる領域が主戦場になってくる。
中型や大型まで含めた事業全体として、我々は単独でやっていく。

――液晶事業全般について聞きたい。液晶事業では技術力よりもむしろ、
変動に耐えられる資本をいかに整えるかが課題だと思うのだが、この点についてはどうか。

方志氏 資本力が必要ということは認識しているし、今の我々に資本力がないのも事実だ。
ただし、我々はIGZO技術を持っている。IGZOは、既存のアモルファスシリコンの工場に少額投資することで、
LTPSと同等の性能を実現できる。
LTPSで数千億円規模になる投資額は、IGZO化では数分の一に抑えられる。
自分たちの投資余力に見合った技術を持っているし、生産効率面でも追求をしてきた。
我々はまだ事業を続けていけると考えている。

高精細が進むトレンドでは巨額の資金が必要になる。
だが、スマートフォンの高精細化は人間の視覚神経の限界を超えつつある。
このため競争軸は移っていくと考えている。IGZOは中型や大型の液晶ディスプレーを高精細化できる技術。
安定した事業ポートフォリオを構築していく上で、我々はいいポジションにいると思っている。

――「MEMSディスプレー」の量産化における米Qualcomm社との協業と同じように、
タッチパネルの技術でも他企業とのアライアンスや協業の可能性はあるのか。

方志氏 具体的な話はない。「フリードローイング」(関連記事)に関連する液晶タッチパネルの技術は
それほど大きな投資にはならないためだ。将来的に規模の大きい話は可能性がないわけではないが、
現時点で具体的なものはない。


また同社福山工場と三原工場のリストラについては「必要な工場で継続する」と否定しています。

日刊工業新聞:「単独でやっていく」-シャープ・方志専務、福山と三原の継続含め現体制維持を強調

福山工場はスマートフォンや車載向けのセンサーなどを手がけています。
工場は4棟がありますが、第4工場棟に集約し低迷する稼働率を高める案があり、
またLED生産の三原工場は閉鎖案が浮上しています。
これらについて方志専務は「液晶パネルは単なる表示器から高機能デバイスに変わる。
福山のコントローラー集積回路(IC)、三原の高色再現性LEDなどは高付加価値化に必要だ」
としているそうです。

関連記事
AVWatch:シャープ、4Kスマホ用タッチパネルやNFCなど液晶新戦略
発表の内容は上記記事が詳しいです。

当ブログ関連記事
シャープ、高感度化とセンサー統合でディスプレイの競争軸を変える
シャープ、インセル型IGZO投入-亀山第1・第2・三重・天理で全面展開へ
台湾・鴻海、シャープへの資本提携交渉再開を検討-出資に意欲、再協議申し込む意向
シャープ、主力行に資本支援の要請を検討=関係筋
液晶失速は一過性、中国スマホ2000億円計画は維持=シャープ専務
シャープ、'14年度通期で300億円の赤字に。TVや液晶が苦戦(追記)

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter