FC2ブログ

シャープ、インセル型IGZO投入-亀山第1・第2・三重・天理で全面展開へ

日刊工業新聞
シャープ、インセル型IGZO投入-亀山第1・第2・三重・天理で全面展開へ

sharp.jpg

シャープは6月にも、タッチセンサーを内蔵するインセル型のIGZO(酸化物半導体)液晶パネルを市場投入し、
液晶事業の競争力を高めるとしています。中国スマートフォンメーカーなどに展開するとの事。


ジャパンディスプレイがインセル型LTPS(低温ポリシリコン)液晶で先行していますが、
タッチ精度向上と中型サイズにも対応するインセル型IGZOで巻き返す姿勢のようです。

シャープは中国向けインセル液晶で後れをとっていますが、亀山第1・第2工場(三重県亀山市)、
三重工場(同多気町)、天理工場(奈良県天理市)で今後、全面展開するとの事。
亀山第2でインセル型IGZO液晶を製造。
IGZOは独自の低消費電力特性でノイズ発生が少なく、タッチポイントの検出感度が高められるとしています。
亀山第1は従来、米Apple専用工場でインセル型LTPS液晶を手がけており、
他社向けに生産できなかった契約は年初に見直しで合意済み。
6月にも他社向けを始める見込としています。

インセルはスマホの薄型化や生産コスト抑制が利点となっています。
歩留まり改善で採用が増加傾向であり、シャープはインセルを出し、反転攻勢を狙うとしています。


インセル式のタッチパネルは歩留の向上がポイントとなります。
各工場での展開ということですが、歩留がどこまで上げられるかが課題となりそうです。
また大型の工場での展開となるため、インセル型パネル価格の下落も懸念されます。
ただ、各社大型工場での適用を目論んでいるようですのでシャープとしても
この動きに乗り遅れないように展開を進めていくようです。

当ブログ関連記事
台湾・鴻海、シャープへの資本提携交渉再開を検討-出資に意欲、再協議申し込む意向
シャープ、主力行に資本支援の要請を検討=関係筋
液晶失速は一過性、中国スマホ2000億円計画は維持=シャープ専務
シャープ亀山工場、Apple専属契約見直し 中国向け高精細パネル生産へ

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter