FC2ブログ

ジャパンディスプレイ、石川・白山市の新工場建設を正式発表-米アップルが資金提供

日刊工業新聞
ジャパンディスプレイ、石川・白山市の新工場建設を正式発表-米アップルが資金提供

JDI_Plant_location_image.jpg

ジャパンディスプレイJDI)は、スマートフォンなどに搭載する中小型液晶パネルの新工場を
石川県白山市に建設すると正式発表しています。

JDIニュースリリース
ジャパンディスプレイ 第6世代液晶工場新設を決定
―先端ディスプレイの需要増に対応―


当ブログ関連記事
ジャパンディスプレイ、石川に中小型液晶パネルの新工場建設-米アップルが資金提供へ


Appleの要請を受けて新設し、2016年初夏に稼働する計画との事。
投資額は約1700億円で、Appleからの受取金と自己資金でまかなうとしています。
Appleの「iPhone」向けを中心としますが、中国メーカーなど、ほかのスマホメーカーのからの受注も狙う模様です。

新工場ではLTPS(低温ポリシリコン)を使った高精細パネルを生産。
稼働当初の月産能力は2万5000枚(第6世代のガラス基板)で、JDI全体の生産能力は2割増える見込みです。
まずiPhoneの16年モデル向けに供給しますが、Apple専用工場ではなく
中国スマホメーカーなどからの受注も狙うとしています。
新工場では追加で月産5万枚程度の生産余力を確保している模様との事です。
JDIは東芝、ソニー、日立製作所の中小型液晶パネル事業を統合して発足していますが、
12年4月の事業開始以来、初の新工場建設となる形です。

JDI_PixelEyes_MP.jpg
JDIのタッチパネル内蔵型液晶パネル

AppleはiPhoneの販売が拡大し、パネル調達先の確保が課題となっていました。
JDIは中小型液晶パネルの生産能力が限界に近づいており、低リスクで能力増強するため
資金提供を巡ってAppleと交渉を続けていたようです。

Appleとの交渉の様子についても下記の記事で報じられています。

日刊工業新聞
ジャパンディスプレイ、圧倒的トップに王手--好条件引き出す、JDIにはアップルを“落とせる”確信があった

1月中旬。JDIが新工場建設を発表した3月6日から遡ること1カ月半。
JDIとアップルとの交渉は一度、暗礁に乗り上げた。
「JDI側の担当者が英語でまくし立て、アップル側の担当者が激怒して帰ってしまうこともあった」(業界関係者)。
両社の条件闘争は熱を帯びた。

最終的にまとまった新工場計画はこうだ。
低温ポリシリコン(LTPS)技術を使った高精細パネルを生産する工場を石川県白山市に新設する。
設備投資額は約1700億円。2016年初夏に月産2万5000枚(第6世代のガラス基板)で稼働を始める。

注目すべきはアップルと交わした条件。
業界関係者によると初期投資の多くをアップルが負担し、JDIが徐々に返済していくという。
またアップルのスマートフォン「iPhone」向けパネルの生産は1年のうち数カ月間に限るとの条件も勝ち取り、
ほかのスマホメーカー向けのパネルもつくれるようにしたという。

リンゴのおいしいところだけいただく―。
JDIが新工場建設のリスクを低減するためには、アップルから好条件を引き出すことが不可欠。
大塚周一社長の命を受けた有賀修二取締役をトップとする交渉チームは、時に強気で交渉に当たった。

2014_small-middle_LCD_world_share_image.jpg

JDIにはアップルを“落とせる”確信があった。根拠は技術力。
例えば「iPhone6Plus」。5.5型の大型パネル/フルハイビジョン画質/タッチパネル機能内蔵という
3条件を満たす量産には高い技術力が必要。
JDIは比較的スムーズに対応したが、韓国LGディスプレイは、立ち上がりからつまずいた。
新工場×新モデルの生産プロジェクトはアップルにとってもリスクが相当高く、
JDIは欠かせないパートナーに映っていた。
そして3月6日。「iPhone7」と予想される16年モデルの量産に間に合うギリギリのタイミングで交渉がまとまった。

実はJDIは独自技術の取り扱いでも有利な条件を勝ち取った。
独自技術が関わる生産工程については、ノウハウ流出を防ぐため自己負担で設備投資を行うという。
交渉を見守ってきた業界関係者は舌を巻く。「JDIもしたたかだ」。



シャープの亀山第一工場がAppleの専属契約を外すのに苦労したことを考えると
専属契約ではなく、他社向けの生産もできるとの条件を勝ち取ったのは驚きです。
それだけJDIがAppleにとっても欠かせないパートナーという位置づけを
勝ち取っていたということの証左だと思います。
また独自技術の工程は自己負担というのもノウハウ流出を防ぐ重要な内容です。
Appleはコストダウンのために他社へ技術情報を漏らすことがこれまでもあり、
業界内では警戒感もありました。
つかず離れずの関係をうまく構築できているのはインセル技術をはじめとする他社が容易に
追随できない技術を量産技術を含めて保有していることが挙げられるのではないかと思います。

関連記事
ITmedia:
iPhone向け液晶新工場、ジャパンディスプレイが石川県に シャープは亀山工場のApple専属契約見直しへ

当ブログ関連記事
JDI、タッチセンサー内蔵でWQHDのスマホ向け液晶を世界に先駆け量産(追記)
ジャパンディスプレイ、腕時計型ウエアラブル端末向け反射型液晶パネルの標準品を発売
JDI、高雄の車載用工場を増強 アウディに和碩とタブレット供給も?(追記)
ジャパンディスプレイの小米向け値下げで業界全体が価格競争に突入


関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter