スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾・鴻海、シャープへの資本提携交渉再開を検討-出資に意欲、再協議申し込む意向

日刊工業新聞
台湾・鴻海、シャープへの資本提携交渉再開を検討-出資に意欲、再協議申し込む意向

foxconn_logo_image3.jpg

経営再建中のシャープに対し、EMS世界最大手の台湾・鴻海精密工業が
資本提携交渉再開の検討を始めたと報じられています。


シャープは現在、テレビや液晶事業など多くが不振で抜本的構造改革を迫られています。
鴻海は過去、2012年のシャープ経営危機時にいち早く支援を表明していますが、
シャープ本体への出資交渉は頓挫した経緯があり、再び手を差し伸べることになる形になります。
ただシャープ鴻海と距離を置いており、両社の交渉が進展するかは不透明な状況です。

鴻海グループは12年に当時のシャープの利益圧迫要因だった大型液晶パネル工場(堺市堺区)に出資し、
共同運営にして再建に協力。一方で、同時に進めたシャープ本体への出資交渉は
シャープの株価急落で当初条件から大きく乖離したために条件見直しなどを
求めましたが、シャープが応じず断念しています。
シャープはその後、韓国サムスンや米クアルコムなどと資本提携する多極化戦略と、
公募増資で急場をしのいだ経緯があります。

鴻海グループ幹部は「当時と状況が違うため、要件は変わる可能性はあるが、
テリー・ゴウ(郭台銘)董事長の提携への決意は変わっていない」とし、近く再協議を申し込む意向のようです。


シャープの苦境に伴い、再び鴻海が動き始めているようです。
12年当時とは状況も異なるため、今後の動向が注目されます。

当ブログ関連記事(当時の一連の記事になります)
シャープ関連 続報
シャープ関連 続報 -ホンハイの事情
シャープ関連 続報 -シャープの賭け
シャープと鴻海「協議継続で一致」 サムスン加わり関係は複雑化
シャープの社長交代とサムスン・ホンハイとの関係


関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。