FC2ブログ

サムスン、中国スマホ市場で2014年Q4のシェアが5位に急落

EETimes
サムスン、中国スマホ市場で2014年Q4のシェアが5位に急落

samsung logo_image2

米国の市場調査会社IDCは、2014年第4四半期(10~12月期)において、
中国では1億750万台のスマートフォンが出荷されたと発表しています。


同年第3四半期に比べて2%増、前年同期比では19%の増加となっているとの事。
2014年通年では、4億2070万台が出荷されています。
IDCでシニアアナリストを務めるTay Xiaohan氏は、
「4G(第4世代)スマートフォンの成長によって、中国市場では出荷台数が伸びた。
オンラインでのスマートフォン販売台数が伸びるとともに、Appleの大型スマートフォンの発売が、
出荷台数の増加に貢献した」と分析しているそうです。

IDC_china_smartphone_share_13-14_image.jpg
中国における2013/2014年のシェアランキング 出典:IDC

中国における、メーカー別のシェアランキングはトップがXiaomi(シャオミ)で12.5%。
2013年のシェアは5.3%との事で、大幅にシェアを拡大したことになります。
一方でシェアが低下したのはSamsung Electronics。
2013年は18.7%で首位でしたが、2014年は12.1%とXiaomiに負けています。

IDC_china_smartphone_share_14-quarter_image.jpg
中国における四半期ごとのシェアランキング 出典:IDC

中国市場における四半期ごとのシェアの推移を見ると
XiaomiとAppleは2013年第4四半期ではそれぞれ6.5%、7.4%でしたが、1年後の2014年第4四半期では、
13.7%、12.3%まで上昇しています。
IDCは、「Appleは2014年10月に中国で販売を開始した『iPhone 6』『iPhone 6 Plus』によって、
シェアが一気に2位まで上がった」と説明しています。
一方、Samsungのシェアは18.8%から7.9%にまで低下しています。
2014年第4四半期だけで見れば、シェアのランキングは5位。
他の中国メーカーの激しい追い上げに、苦戦が続いている状況のようです。

Samsungは、中国だけでなく世界市場でもシェアを落としており、AppleのiPhone 6/Phone 6 Plusが
非常に好調なことと、XiaomiやHuaweiなどの中国メーカーの追い上げが激しいことが
その要因となっているとしています。


当ブログ関連記事
サムスン、有機EL(OLED)パネルの製造に36億ドルを投資へ
14年Q1〜15年Q1中国市場スマホ出荷推移・予測 DIGITIMES調査
サムスン、中国市場スマホ販売低迷
中国系スマホ、サムスンのAMOLED採用で部品もハイエンド化
サムスン、中国系スマホへのインセルパネル強化 中国系GFFの脅威に

関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter