FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

止まらぬiPad減速 15年は前年比3割減の恐れ KGI証券調査

EMSOne
【産業動向】 止まらぬiPad減速 15年は前年比3割減の恐れ KGI証券調査

apple_ipad_mini_air_image.png

アップルウオッチャーとして著名な台湾KGI(凱基)証券の郭明錤アナリストは
最新レポートで、米Appleの「iPad」シリーズの2015年出荷台数が前年比3割減の4400万~4500万台と、
史上最大の落ち込みを見せるとの見通しを明らかにしています。



その上で、タッチパネルのTPK(宸鴻)、インタフェース対応チップのParade(譜瑞)、
バックライトのRadiant(瑞儀)などiPadの台湾系サプライチェーンの業績に
マイナスの影響をあたえるとの見方を示しています。

実際にバックライトモジュールの台湾Radiant(瑞儀)、プリント基板(PCB)の台湾TSMT(台表科)が、
2015年1月の営業収益を前月比で比較的大きく落とし市場の注目を集めている様です。

【EMS/ODM】 iPad不振、サプライチェーンの15年1月業績直撃

Radiantは前月比23.24%減の36億8600万NTドル(1NTドル=約3.7円)、
TSMT(台表科)は同9.52%減の25億6300万NTドル。
台湾の経済紙『工商時報』によると台湾市場では、販売の落ち込みが目立つ「iPad」の
在庫調整による影響を受けたものだとの見方が支配的だとしているとの事です。

当ブログ関連記事
12.9型iPad用タッチパネル、GISが6割受注
12.9型iPad、量産開始に遅れ 15年Q2に iPhone 6優先で
バックライトのRadiant、iPad Air 2用出荷が好調
iPad mini生産打ち切りか 12型は鴻海独占 コンパルはアップルの受注ゼロも
新型iPadの予約、mini 3は全体の3%? iPhone大型化が直撃


関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。