FC2ブログ

アップル、GT破産申請で失敗したサファイア製造工場をデータセンターに転用へ

CNET Japan
アップル、GT破産申請で失敗したサファイア製造工場をデータセンターに転用へ

apple_logo_image2.jpg

Appleが、失敗に終わったサファイア素材の製造工場を、
新たにデータセンターに転用する計画を明らかにしています。



アリゾナ州メサにあるこの工場は、AppleがGT Advanced Technologies(GTAT)に貸し出していたもの。
GTATはそこで傷や衝撃に強いサファイアディスプレイを「iPhone 6」向けに製造することになっていましたが
GTATは満足な品質のディスプレイを製造できず、2014年10月に米連邦破産法第11条の適用を申請しています。

破産関連書類では、GTATがAppleとの契約を「厄介かつ極めて一方的」なものと
考えていたことが明らかになっています。

Appleの広報担当Kristin Huguet氏は、Bloombergの取材に対し、電子メールで次のように回答しています。
「当社はアリゾナ州にデータセンターを新設することで、米国内への投資を継続できることを誇らしく思っている。
そこは当社グローバルネットワークのコマンドセンターとして機能する予定だ。
この数十億ドル規模のプロジェクトは、当社がこれまで行ってきた中でも最大級の投資となる」

このデータセンターでは、Appleのフルタイム従業員として150人が雇用されるほか、
建築および購買関連で300〜500人分の雇用が創出される見込みだと、
アリゾナ州知事のDoug Ducey氏は述べています。
同センターは、Appleが世界各地に設けているデータセンターのコマンドセンターとして機能することになる見込み。

GTATの破産によって700人の雇用が失われましたが、Appleが地元のパートナー各社と協力した結果、
半数の元従業員に新たな仕事が見つかったとの事です。
Appleは当初、このサファイア工場で2000人を雇用すると述べていました。

なお、新設のセンターでは、すべての電力を再生可能エネルギーによって賄う予定で、
Appleは近くに発電能力70メガワットのソーラーファームを建設する計画のようです。

関連記事
WSJ:アップル、アリゾナにデータセンター統制施設
REUTERS:米アップル、サファイアガラス工場をデータセンターに転用へ
ITmedia:Apple、失敗に終わったサファイアガラス工場をデータセンターに転用へ

当ブログ関連記事
スマホ用サファイア、18年に30億米ドル市場に
Apple、横浜に米国以外で初拠点-政府、研究開発拠点新設を歓迎
Appleは「元型」を売る方法を見極めつつある
「iPhone 6」はどこから来たか?

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter