FC2ブログ

シャープ亀山工場、Apple専属契約見直し 中国向け高精細パネル生産へ

ITmedia(Sankeibiz)
シャープ亀山工場、Apple専属契約見直し 中国向け高精細パネル生産へ

sharp_kameyama_1stplant_apple_image.jpg

シャープがiPhone用パネルを生産している亀山第1工場で専属契約を見直すことで合意したと報じられています。
シャープは年内にも中国メーカー向けなどに生産を始め、液晶事業の立て直しを図るとの事。


経営再建中のシャープが、米Apple向けにスマートフォン用の高精細液晶パネルを生産している
亀山第1工場(三重県亀山市)で、専属契約を見直すことで合意したことが分かったと報じられています。
需要が堅調な高精細パネルの取引先を広げ、稼働率を安定させて業績てこ入れにつなげるとしています。
シャープは年内にも中国メーカー向けなどに生産を始め、液晶事業の立て直しを図るとの事。
 
高精細パネルを生産する同工場はAppleが自由に使える契約のため、
稼働率の変動が大きく液晶事業の不安定要素とされていました。

シャープの液晶事業は競合するジャパンディスプレイの台頭や、
スマホの大型化に伴うタブレット端末向けパネルの不調で苦しんでいます。
テレビや太陽電池など各事業も軒並み赤字で、2015年3月期連結業績予想を下方修正し、
300億円程度の最終赤字に転落する見込みとなっています。

一方で、スマホ向けの高精細パネルは中国メーカーを中心に依然堅調な需要があるとされており
現在、中国向けの高精細パネルは亀山第1と隣接する亀山第2や、三重第3(同県多気町)で生産していますが、
亀山第1でも中国向けの生産を始めることで、供給態勢と稼働率の安定を図る模様。

亀山第1工場は04年1月にテレビの工場として稼働を始めていましたが、テレビ事業の不振で09年に
テレビの生産ラインを中国企業に売却。12年にAppleの投資を受けて、同社の看板製品の
スマホ「iPhone」の専用工場として稼働を再開しています。
ただ、Appleは「市場の需要に応じて週単位での生産調整を細かく行う」(関係者)ため、
稼働がゼロになることもあるなど変動が激しく、昨年から契約内容の見直しの交渉を進めていました。

>シャープ、亀山第1工場をAppleから買収か-中国系メーカーへの供給拡大が狙い?

当ブログ関連記事
シャープ、テレビ生産工場再編-赤字再転落、閉鎖・売却含め検討
シャープ、亀山第2工場での「IGZO」を2割減産-中国向け中小型液晶の販売低調
シャープが中計見直しへ、一段の損失計上の可能性も=関係者


関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter