FC2ブログ

シャープ、テレビ生産工場再編-赤字再転落、閉鎖・売却含め検討

日刊工業新聞
シャープ、テレビ生産工場再編-赤字再転落、閉鎖・売却含め検討

sharp.jpg

シャープはテレビ事業の業績悪化を受け、海外拠点閉鎖や売却も含めた
生産再編を検討すると報じられています。


同社の2015年3月期連結決算は、当期損益が2年ぶりに赤字再転落となる見通しとなっています。
テレビや電子デバイス、液晶事業などの業績悪化で、国内外の複数の関連工場で
資産価値を引き下げる減損処理を迫られるのが要因とされており、
テレビは国内組立工場に加え、北米市場向け大型テレビを担うメキシコ工場などでも
減損処理が余儀なくされそうだと報じられています。

同社の海外テレビ工場はメキシコ、マレーシア、中国・南京にありますが
それぞれ2年前の経営危機段階で売却が検討され、複数社と交渉しています。
ですが価格など条件面が折り合わず、市況の変化も手伝い自社で継続活用中の状況です。
唯一、売却できた欧州拠点は地場メーカーが相手となっています。

今月から買収先がシャープブランドのテレビを生産・販売し、ライセンス収入を得ています。
残る海外拠点も同様のスキームが想定できるほか、事業や展開地域の選択と集中が議論される見込み。

現段階で15年3月期の営業利益は従来予想の半分の500億円前後、
当期損益は300億円の黒字予想が一転し、最悪想定では300億円前後の赤字になるとみられています。
事業面では見通しが狂ったテレビや電子デバイス、液晶事業だけでなく、
営業損益の赤字・黒字を問わずに全事業で戦略を練り直し、新たな再建計画を3月中にも固めるとしています。


日系企業のTV事業は軒並み見直しを迫られていますね…。
事業構造が各社違うとはいえ、いち早くTV事業から手を引いた日立は
先を見据えた戦略が出来ていたということでしょうか。

当ブログ関連記事
東芝、海外テレビの開発・販売から撤退へ
シャープ、亀山第2工場での「IGZO」を2割減産-中国向け中小型液晶の販売低調
シャープが中計見直しへ、一段の損失計上の可能性も=関係者


関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter