FC2ブログ

パナソニック、中国でのテレビ生産から撤退=関係者

REUTERS
パナソニック、中国でのテレビ生産から撤退=関係者

panasonic_logo_image2.jpg
パナソニックが、中国でのテレビ生産から撤退すると報じられています。


中国市場は現地メーカーとの競争が厳しく販売が低迷しており、
赤字のテレビ事業の生産体制を見直して、収益改善を図る模様です。

関係者によると、中国山東省のテレビ工場は1月30日に生産を停止したそうです。
8割出資する合弁会社は清算し、約300人の従業員の契約は打ち切るとの事。
生産規模は年20万台弱まで落ち込んでいた状況との事で、中国市場のテレビ販売は継続しますが、
生産は他社に委託するとしています。

パナソニックのテレビ工場は世界10カ所。2015年3月期のテレビ販売計画は700万台で、
このうち日本の販売は2割弱で、欧州が3割超を占めています。
一方で、中国と米国の販売は低迷しており、北米向けテレビを生産しているメキシコ北部(ティファナ)の
工場も課題となっています。生産台数は年50万台規模にとどまっているとの事。

パナソニックは、全社の構造改革を今期中に完了する方針で、米国のテレビ事業についても、
年度内に一定の結論を得たい考えのようです。
すでに、子会社三洋電機の北米テレビ事業(年100万台規模)は、3月末めどに船井電機に
譲渡することを決めています。

日本メーカーのテレビ事業の構造改革は最終局面に入っており、
東芝が海外のテレビ事業から撤退を発表しています。

>東芝、海外テレビの開発・販売から撤退へ

シャープは1月から、欧州のテレビ販売から撤退しています。


当ブログ関連記事
JOLED、17年にも中型有機ELディスプレイ製品量産へ-「薄型・軽量」を訴求
台湾2社の4Kパネル、ソニーとパナが牽引
パナソニック、来年4月に三洋電機の社員7000人を転籍
パナソニック、テスラ電池工場に生産会社設立


関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter