FC2ブログ

ソニー、格安スマホに参入検討 Xperia旧モデル、イオンで割安に

ITmedia(SankeiBiz)
ソニー、格安スマホに参入検討 Xperia旧モデル、イオンで割安に

Sony_XperiaZ2_partsproblem_image.png

ソニーが格安スマートフォン分野への参入を検討していると報じられています。
流通大手のイオンと組み、早ければ今春に発売する方向との事。


携帯電話事業の立て直しへ構造改革を進めているソニーは、高級モデルに特化する方針でしたが、
通信料金が安い格安スマホが国内で急速に普及しており、旧モデルを割安販売する形で参入するとの事。

ソニーは「エクスペリア」シリーズの旧モデルを、イオンの各店舗で割安に販売する方向で最終調整しているそうです。
料金は端末代の分割払いと通信費を合わせて月額3000円程度。
端末価格は最新モデルの半額程度に当たる3万円台を想定しているとされています。

ソニーは、仮想移動体通信事業者(MVNO)の子会社、ソネットが提供するSIMカードとのセット販売を提案しており、
イオンはこれを受け入れる方針のようです。
国内では、イオンやビックカメラなどの流通大手が格安スマホの販売を続々と手掛け、
日本郵便も2015年度の参入を検討しています。
スマホの通信料金を割高だと感じているユーザーが少なくない中、
月額の負担が携帯大手3社の半額程度で済むため、急速に普及している状況です。

これまでの格安スマホは中国製や韓国製が中心でしたが、昨年後半から富士通やシャープなど
国内メーカーも供給を開始しており、ソニーのパソコン部門が独立したVAIOも日本通信と組み、
独自開発のスマホを近く販売する予定です。
格安スマホ事業者間の競争も激しくなっており、各社はラインアップの拡充に力を入れています。
イオンは、ブランド力の高いエクスペリアを投入することで差別化を図りたい考えのようです。

携帯電話事業の不振が響き、15年3月期の連結決算で2300億円の最終赤字を見込んでいるソニーは、
携帯電話は高級モデルに集中し、普及価格帯のモデルを削減する方針を掲げていました。
ただ、格安スマホが伸びていることから、旧モデルを活用して収益の底上げを狙っており、
イオン以外への供給も検討している模様です。


元々海外向けでは廉価版のXperiaを提供していますが、国内向けのラインナップでは
ユーザーになじみのあるハイエンドモデルの提供を行うのでしょうか。
売上の拡大としては今急速に伸びているMVNOへの端末提供は自然な流れですが、
ブランド性の保持という意味では難しい選択だと思います。

ニュースリリース
So-netのLTE通信とXperia™を組み合わせた新サービスの提供を開始

関連記事
ケータイWatch:So-net、ソニーモバイルと組んでXperiaを今春発売

当ブログ関連記事
スマホのアリマ通信、ソニーからミッドレンジ・ハイエンド4機種受注か
台湾2社の4Kパネル、ソニーとパナが牽引
ソニー新規事業チームのもとで開発:電子ペーパーウォッチ「FES Watch」
ソニー、ハイエンドスマホにMediaTek採用
日本の電子部品、海外スマホ供給で明暗 Samsungやソニー向けは苦戦
ソニーが下方修正、今期最終赤字は2300億円に―スマホ事業で打撃

関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter