FC2ブログ

住友化学、米国ユニバーサルディスプレイ社と有機EL照明に関する技術ライセンス契約を締結

OPTRONICS ONLINE
住友化学、米国ユニバーサルディスプレイ社と有機EL照明に関する技術ライセンス契約を締結

sumitomo-chemical_oled_udc_image.jpg

住友化学は、米ユニバーサルディスプレイ社(以下「UDC」)との間で、同社から印刷法を適用した
有機EL照明デバイスに関する技術のライセンス供与を受けることについて合意し、
技術ライセンス契約を締結したと発表しています。


UDCは、有機EL関連の技術開発およびライセンス、有機EL材料の製造販売を行なう企業で、
従来の4倍の効率を持つ高分子材料「UniversalPHOLED®」を提供しています。

住友化学は、同社および100%子会社であるケンブリッジディスプレイテクノロジー社が有する
高分子有機EL技術を活用して有機EL照明の事業化に取り組んでいます。
同社は2014年には世界初のデュアルカラー有機EL 照明パネルを使用したデザイン照明
OLED COSMOS」を発表、さらには一般照明への展開を目指しています。

同社は、今回UDC社との契約で取得した技術ライセンスを活用することにより、
照明デバイスの発光効率向上に向けた技術開発を加速させ、
有機EL照明事業の拡大を図っていくとしているとの事です。

住友化学ニュースリリース(PDF)
米国ユニバーサルディスプレイ社と
有機 EL 照明デバイスに関する技術ライセンス契約を締結


当ブログ関連記事
住友化学、米カティーバと有機EL技術で提携-大画面パネルの低コスト量産技術開発
有機ELの高精細化や特性向上、注目技術の発表が相次ぐ IDW2014
住友化学、16年めどフレキシブルディスプレイ部材の生産開始
住友化学、有機EL印刷技術で真空蒸着法並みの解像度を実現

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter