住友化学、米カティーバと有機EL技術で提携-大画面パネルの低コスト量産技術開発

日刊工業新聞
住友化学、米カティーバと有機EL技術で提携-大画面パネルの低コスト量産技術開発

sumitomo chemical printoOLED

住友化学は大画面有機ELパネルを低コストで量産する技術開発で、米国のベンチャー企業、
カティーバ(カリフォルニア州)と提携したと報じられています。


インク状の発光材料をパネルに吹き付けるカティーバの印刷装置を活用し、
生産効率や性能を高めた材料を開発するとの事。
有機ELは液晶パネルに比べて高精細で消費電力が少ないとされていますが、
従来製法では大型化が難しく生産コストも高いものでした。
新製法の開発で有機ELテレビの低価格化に貢献するとしています。

住友化学が開発中の発光材料は高分子タイプ。
2013年には同材料をインク状にしてパネルに印刷するインクジェット法を用いて
高解像度の有機ELパネルを生産する技術を開発しています。

>住友化学、有機EL印刷技術で真空蒸着法並みの解像度を実現

一方、カティーバはインクジェット法を用いたパネル生産の研究を続けており、
イールド・ジェットと呼ぶ独自の大型有機ELパネル量産技術を持っています。

現在主流の真空蒸着方式ではなく、窒素ガス中で生産することでコストを削減。
印刷時のムラを作らず生産効率を高めた装置制御ソフトも持っており
今後、住友化学の材料を使って印刷装置の開発を進めるとしています。

当ブログ関連記事
有機ELの高精細化や特性向上、注目技術の発表が相次ぐ IDW2014
住友化学、16年めどフレキシブルディスプレイ部材の生産開始
住友化学 韓国でFPD部材投資を拡大
【人とくるま展】住友化学、印刷で造れるフレキシブル型の有機EL照明を出展
有機EL 高分子発光材料 特許総合力ランキング

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter