FC2ブログ

「太陽光に近い光を再現できる」-ノーベル賞の中村教授、紫色LEDで会見

日刊工業新聞
「太陽光に近い光を再現できる」-ノーベル賞の中村教授、紫色LEDで会見

GaN_LED_nakamura_image.jpg

ノーベル物理学賞受賞者の中村修二米カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授が都内で記者会見し、
同教授が開発した窒化ガリウム(GaN)技術をベースにした紫色LEDを使った独自のLED電球について
「サファイア基板のLEDよりも5倍の電流密度で、太陽光に近い光を再現できる」と語ったそうです。


同LEDは中村教授らが2008年に創業したLED照明開発ベンチャーの米ソラー(カリフォルニア州)が
開発と販売を手がけています。
GaN基板上に同種のGaN系半導体を積層することで、従来のサファイアやシリコンに比べ
結晶欠陥を1/100以下に減らし、高エネルギー効率を実現しているとの事。

中村教授は会見で、紫色LEDによるLED電球について
「(使われるGaN基板は)サファイアのチップサイズの1/5にでき、明るくコントロールしやすく使いやすい」と強調。
将来、今のLEDにとって代わる可能性を示唆したそうです。
また、ソラー社では現在、同社LED電球のGaN基板を外部調達しているが、自社生産も検討しているとの事です。


当ブログ関連記事
東工大など、ナノインプリント技術で樹脂に原子サイズの加工
クラレ、微細パターンを形成した賦形フィルム開発
パナソニック、深紫外線LEDモジュール参入-除菌製品発売へ
丸文・理研など、高効率LEDで新製法-外部量子効率30%に

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter