シャープが中計見直しへ、一段の損失計上の可能性も=関係者

REUTERS
シャープが中計見直しへ、一段の損失計上の可能性も=関係者

sharp.jpg

シャープは、2015年3月期の連結業績予想が達成できない見込みだと発表しています。


円安が白物家電の国内販売にマイナスに働くほか、
中小型液晶の価格低下の圧力が高まっているためとしています。
関係者によると、同社は中期経営計画の見直しに入っており、
一段の損失を計上する可能性も出てきたと報じられています。

今期の連結業績予想は、売上高が前年比0.9%減の2兆9000億円、
営業利益が同7.9%減の1000億円、当期純利益が同2.6倍の300億円。
ですが、白物家電や液晶の採算悪化が響いて、
売上高と営業利益の減少幅が広がることが確実となったとの事。

また、関係者によると、2013-15年度の中期経営計画の達成も困難と判断したとされており、
15年度の当期純利益は800億円の計画でしたが、これを見直して、
15-17年度の3カ年計画に作り直しているそうです。
金融機関の理解を得るため、今期中に不採算資産の一段の処理に迫られることで、
今期は最終赤字に転落する可能性もあるとされています。


中小型の液晶事業については中国系メーカーに向けて積極的に拡販を行っていたようですが
思うように価格が設定できなかったのかもしれません。

関連記事
日本経済新聞:
シャープ最終赤字に、テレビ不振や特損で 15年3月期 中期計画を撤回、今春メドに策定
シャープ、15年3月業績は「予想下回る見通し」

当ブログ関連記事
シャープ、ノート・タブレット用でJTOUCHのメタルメッシュ採用
シャープ、中国スマホ液晶の今期出荷上振れも
シャープ、4年ぶり中間最終黒字 営業利益は計画未達
シャープ、小米へのパネル供給比率低下の恐れ BOE初受注
中国市場攻略に懸けるシャープ、注力5分野とタッチパネル展示

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter