FC2ブログ

NSマテリアルズが開発、液晶ディスプレイの広色域化を実現する量子ドット蛍光体「QD」

OPTRONICS ONLINE
NSマテリアルズが開発した,液晶ディスプレイの広色域化を実現する量子ドット蛍光体「QD」

産総研技術移転ベンチャーのNSマテリアルズは、独自のマイクロ空間化学による
量子ドット蛍光体「QD」を開発。これをモールドやシートに分散させたパーツを作製しています。




このパーツをLEDバックライトの前に置くと青色を吸収して励起し、
これまで高輝度化が難しかった赤や緑のピークを上げ,広色域を得ることができるとしています。

カラーフィルタによってカットされる光が減ることから、バックライトの効率を上げ省エネにも貢献するとしています。


当ブログ関連記事
「テレビの色再現性が簡単に向上します」、DowとNanocoが量子ドットディスプレーを試作
富士フイルム・京大、太陽電池向け量子ドット薄膜開発-電気伝導度10倍に
「iPhone 6」はKindle Fire HDXと同じ「量子ドットディスプレイ」を採用─Forbes報道
【SID】未来のディスプレイを実現する材料:液晶パネルの色域を大幅に広げる量子ドット

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter