FC2ブログ

GTOC/Imos、3D成形ガラスを用いた湾曲カバーガラスを開発

電子ジャーナル
【部材】GTOC/Imos、3D成形ガラスを用いた湾曲カバーガラスを開発

corning_3d_coverglass_image.jpg

DigiTimesによると、台湾G-Tech Optoelectronics(GTOC)と台湾Imosは共同で、
3D成形ガラスを用いた湾曲カバーガラスを開発したとしています。


Corningのガラスを使用し、現在、3工場で生産を行っているとの事。
GTOCは需要拡大を見越して生産拠点を10工場に拡大、2015年第2四半期までに
生産能力を月産6万枚から同60万枚にする計画としています。


スマートフォンの保護用カバーガラスとして販売されているようです。

G-TechとCorningは以前に「3D成形ゴリラガラス(3D-Shaped Gorilla Glass)」を
共同で開発したと発表しています。
>コーニングが曲面ディスプレイ用に「3D成型ゴリラガラス」を発表─iWatchに適用か



gtech_logo_image.gif
http://www.gtoc.com.tw/

imos_logo_image.jpg
http://www.imos.com.tw/

当ブログ関連記事
コーニング、落下時の耐久性2倍の「ゴリラガラス4」開発-薄さ・透明度維持
コーニング、Gorilla Glassの生産を静岡から韓国牙山に移管
【EMS/ODM】 アップルiWatch、3D ゴリラガラス採用へ 曲面加工は鴻海傘下が受注

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter