FC2ブログ

日本電気硝子、中国にFPD用板ガラスの加工子会社を設立

OPTRONICS ONLINE
日本電気硝子、中国にFPD用板ガラスの加工子会社を設立

NEG_logo.gif

日本電気硝子は、中国南京経済技術開発区との間で薄型パネルディスプレイ(FPD)用板ガラスの
加工および販売事業に関する投資建設協議書を締結し、
中国・南京市に100%出資の加工子会社「電気硝子(南京)有限公司」を設立すると発表しています。


同社は、中国において電気硝子(上海)有限公司と電気硝子(広州)有限公司の
二つのFPD用板ガラスの加工拠点を展開していますが、中国におけるFPD用板ガラスの需要拡大に対応するべく、
来年後半には厦門市で溶融・成形事業(電気硝子(厦門)有限公司)を立ち上げ
溶融からの一貫生産体制を構築する予定としており、
中国第三の加工拠点として新たに南京に子会社を設立し
更なる加工能力の増強により当該市場における生産・供給体制の強化を図るとしています。

<事業概要>
・社名 電気硝子(南京)有限公司(予定)
・所在地 中華人民共和国江蘇省南京市
・代表者 董事長 佐伯彰久(同社取締役常務執行役員)
・事業内容 FPD用板ガラスの加工および販売
・登録資本 約18億円
・設立時期 2015年3月頃(予定)
・設備投資 約50億円(転用設備を含む)
・操業開始時期 2016年第2四半期中(予定)
・事業見通し 2017年度売上見込み 約130億円

先日の記事でも触れていますが、
FPDの部材メーカーが中国国内に生産拠点を設ける動きが続いているようです。

日本電気硝子ニュースリリース
中国・南京に薄型パネルディスプレイ用板ガラスの加工子会社を設立

当ブログ関連記事
中国TFT-LCD産業、地場メーカーによる部材供給は20%前後
スマホ用サファイア、18年に30億米ドル市場に
東工大と旭硝子、ゴム状ガラスの作製に成功(追記)
コーニング、落下時の耐久性2倍の「ゴリラガラス4」開発-薄さ・透明度維持
旭硝子、インドネシアに最新鋭窯を建設―フロートガラスの生産強化

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter