FC2ブログ

タッチパネル台湾社15年設備投資 TPKは上場以来最低に

EMSOne
【産業動向】 タッチパネル台湾社15年設備投資 TPKは上場以来最低に

TPK-logo_image2.jpg

価格競争の激化による業績の低迷を受け、タッチパネルの台湾系大手では
2015年の設備投資を低く抑えるところが多いと報じられています。


最大手の台湾TPK宸鴻)では100億NTドル(1NTドル=約3.8円)を割り込み
2010年の上場以来最低になる見通しとの事。

タッチパネル専業メーカーにとっては液晶パネルメーカーのオンセル/インセルによる
タッチ機能の液晶パネルへの取り込みの動きや、中国系メーカーによる低価格競争により
15年も引き続き苦難の年となりそうな状況のようです。

当ブログ関連記事
台湾系の車載取り組み TPKはテスラから17型タッチパネル受注
12.9型iPad用タッチパネル、GISが6割受注
小米のタッチパネル調達、O-filmへの変更が決定的に
TPK、総経理に鴻海のアップル担当トップ 郭会長の元寵臣

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter