FC2ブログ

大林組、装着型ロボット「HAL」を建設現場で実証---重量物の運搬数が2倍に

日経テクノロジーオンライン
大林組、装着型ロボット「HAL」を建設現場で実証---重量物の運搬数が2倍に

oobayashi-gumi_cyberdyne_HAL_demotest_image1.jpg
図1●「作業支援用HAL」を装着して重量物(セメント袋)を運ぶ作業員。セメント袋1つの重さは25kg。

 大林組は都内のビル建設現場において、CYBERDYNEが開発した装着型ロボット
「作業支援用HAL」(以下、HAL)の現場実証を公開しています。


公開した現場実証では、HALを装着した作業員の様子やHALの導入による効果が紹介されたそうです。
実証作業では、HALを装着した3人の作業員が重量物(セメント袋)の運搬や中腰でのコンクリート練りなどを実施。
大林組によれば、HALを装着することで身体の負担軽減や作業効率の向上が確認でき、
特に運搬作業では重量物を運べる数が約2倍に増えたとしています。

実際の作業においてはHALを装着しての作業に慣れるまでに早い人では1時間もかからなかったとの事。
恒例の作業員でも腰の負担が減り、作業性が増したようです。
今後オリンピック等に向けて建設業の人手不足が懸念される中、大林組では早くも15年度中にHALを
導入する予定との事です。

oobayashi-gumi_cyberdyne_HAL_demotest_image2.jpg
図2●「作業支援用HAL」を装着してコンクリートを練っている様子。

建設や土木の現場では特に昨今人手不足が懸念されており、
例えばドローンを使用した点検作業や今回のようなアシストスーツを用いた人手作業など
実際の状況に基づいた実証試験が進んでいるようです。

当ブログ関連記事
サイバーダインが海外市場から410億円調達、グローバル展開加速狙う
サイバーダイン、パワーアシストスーツが生活支援ロボの国際認証取得
イノフィス、アシストスーツを正式投入-補助力30キログラム、腰の負担3分の1に
サイバーダイン、装着型の重作業用アシスト装置の納入開始
身につけるロボ「アシストスーツ」が実用化目前--課題と現状とは

   
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter