FC2ブログ

2020年まではウェアラブル、3Dプリンタが成長市場--NRI調査

ZDNET Japan
2020年まではウェアラブル、3Dプリンタが成長市場--NRI調査

NRI_logo_image.jpg

野村総合研究所NRI)は、国内を中心とするICT(情報通信技術)関連の携帯電話やテレビ、3Dプリンタなど
デバイス市場について、2020年度までの動向と規模の予測を発表しています。
ウェアラブル、3Dプリンタなどが成長市場との事。


■携帯電話市場
アジア地域を中心とした携帯電話契約数の増加と、スマートフォンの需要拡大により
年平均成長率(CAGR)2.7%で成長、2015年度の世界のスマートフォンを含む
端末の販売台数は20億台に達すると予測。
今後も、新興国における低価格スマートフォンの販売台数の増加が市場をけん引する見通しとしています。

一方で日本市場では、スマートフォンへの移行の鈍化や買い替えサイクルの長期化に伴い、
販売台数は徐々に減少し、CAGR3.2%のマイナスで推移、4000万台規模から3000万台前半にまで
落ち込むとしています。

■タブレット端末、電子書籍端末
2020年には世界で3億8000万台、日本では1300万台が販売され、PCの出荷台数を上回ると予測しています。
タブレット端末は、先進国ではPCやノートPCの置き換えとして、新興国では1台目のPCとして
普及が進んでいますが、スマートフォンの大型化などにより、成長率を急速に鈍化しているとの事。

■ウェアラブル端末
市場の起爆剤と思われたAppleの「Apple Watch」、Googleの「Google Glass」などブランド力のある
端末の投入の遅れや、販売力のある携帯キャリアの参入の遅れにより、2014年の国内販売台数は
44万台にとどまる見込みとしていますが、その後CAGR52.6%で市場が拡大し、
2020年には556万台に達すると予想しています。

■3Dプリンタ
3Dプリンタの利用者は2014年の13万人から83万人とCAGR36.1%で伸びるとしています。

■次世代テレビ
「超高精細テレビ」は2014年度末の166万世帯から、テレビの買い替え需要と4Kテレビへの買い替えを
主な理由に、2020年度末には約2000万世帯まで拡大。
同様に、ネット対応の「インターネットテレビ」の保有世帯数は、2014年度末の1831万世帯から、
より高機能なテレビ端末への買い替えを主な理由に、2020年度末には約3000万世帯まで拡大。
そのうち、ネット上のコンテンツを取得するための制御信号を組み込むことで番組ごとのコンテンツを
画面上に表示できる「次世代スマートテレビ」は、2020年度末に約1300万世帯にまで拡大するとしています。

■コンパクトデジカメ
2014年のコンパクトデジタルカメラの市場は、販売台数ベースで前年比約75%と減少し、
さらに2020年の販売台数は3000万台強と、2011年の市場のピーク時に比べて4分の1にまで
減少すると予測しています。

野村総合研究所ニュースリリース
2020年度までのIT主要市場の規模とトレンドを展望
~東京オリンピック・パラリンピックをマイルストーンにしたIT市場の動向~


当ブログ関連記事
ウェアラブルデバイスが抱える法的リスク
iPad減速、タブレット市場に不安感
14年1Qのウェアラブルデバイス出荷-アクティブトラッカーがスマートウォッチの4倍
ウエアラブル、新展開を期待-NRIが19年度まで予想

関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter