FC2ブログ

電通大、3Dプリンターで柔軟に動かせる筋電義手を作製-筋肉の動きを義手に記憶

日刊工業新聞
電通大、3Dプリンターで柔軟に動かせる筋電義手を作製-筋肉の動きを義手に記憶

dentsu-univ_3Dprint_ myoelectric upper limb prosthesis_image
開発した筋電義手(電通大提供)
 
電気通信大学の横井浩史教授の研究チームは、3Dプリンターで作製でき、
自分の手のように柔軟に動かせる筋電義手を開発したと発表しています。


上肢切断者が欠損した手の役割を担い、幼児から大人まで個人に合ったサイズの義手を簡易に作れるとの事。
親指を繊細に動かせる機能を付け、モノを握りやすい構造にしたそうです。
電通大発ベンチャーのメルティンMMI(東京都調布市)が2015年中にも製品化し、
臨床応用を目指すとしています。

横井教授らが開発した筋電義手は、従来型の義手とは異なり、
筋肉の動きを義手に覚えさせることができる適応学習機能を持つとの事。
まず、装着者が義手を装着する前に「手を握る」「手を開く」「モノをつかむ」などの感覚で力を入れ、
その際に筋肉が発する電気信号を事前に義手に記憶させておき、その上で義手を装着し、
同じように力を入れると、自分の意志で義手の手首や手先を柔軟に操れるようになるそうです。
一度電気信号を入力しておけば、自分のつかみたいときにいつでもつかむことができるとしています。

義手は3Dプリンターを使って24時間で作製が可能だとしています。
搭載するモーターは従来と同サイズながら4倍の駆動力を持つため、モノをつかむ力が4倍に向上し、
指を動かす自由度も高まるとの事です。

筋電義手にかぶせて使う人工皮膚も併せて開発しています。
さらに研究レベルでは爪を付けた人工皮膚も開発しており、これによって小さなコインでも
正確につまめるなど把持力が飛躍的に向上するとの事です。

確かに細かな作業する際には爪の役割が重要ですね。
24時間で作製可能というのも驚きです。

当ブログ関連記事
サイバーダインが海外市場から410億円調達、グローバル展開加速狙う
NEDO、3Dプリンタを用いて立体組織・臓器を製造する技術開発に着手
ZMP、ウェアラブルセンサーで24時間心臓見守りサービス開始
【EMS/ODM】 コンパル、産学協同でヘルスケアのスマート衣料進出

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

国際金融家の洗脳はご免つかまつる - 原子力オイル - 2015年07月07日 23:35:11

 どうせユダヤ洗脳なんでしょ?

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter