FC2ブログ

微生物燃料電池で畜産排水から発電+リン回収を可能に(追記)

日経テクノロジーオンライン
微生物燃料電池で畜産排水から発電+リン回収を可能に

gihu-univ_bacteria_batery_image.jpg
微生物燃料電池の仕組み

岐阜大学 流域圏科学研究センター 准教授の廣岡佳弥子氏と特任助教の市橋修氏らの研究グループは
微生物燃料電池において、豚の糞尿などを含む畜産廃水から、発電しつつ、
リンの回収に成功したことを明らかにしています。


微生物燃料電池とは、「発電菌」と呼ばれる微生物が有機物を分解する際に生じる電子を利用するもので、
廃水処理に適用した場合、廃水中から有機物を除去すると同時に電気エネルギーを回収できるものになります。

これに加えて岐阜大学の研究チームは、電極にリン付着させて回収することもできることを
突き止めたとしています。

リンは農業の化学肥料、金属加工や食品添加物などで利用されていますがが、数年前まで、
経済的に採掘可能なリン鉱石は地球上から数十年程度で枯渇することが懸念されていました。
最近の調査で新たな鉱石が発見され、当面の枯渇の心配はなくなったものの、
日本はほぼ全量を輸入に頼っており、必要量の安定確保や、価格交渉力の確保のために、
リンのリサイクルは重要だとしています。

gihu-univ_bacteria_batery_masspro_image.jpg
大規模発電施設のイメージ

また、リンは多くの廃水に大量に含まれており、処理せずに排出すると水域の富栄養化の原因になるので、
廃水から除去することが求められてきていました。
今後は、10~20年後の実用化を目標に、微生物燃料電池の大型化やコスト削減を図りたいとしているとの事です。

(14/12/12追記)
関連記事
ITmedia:微生物「燃料電池」が1台3役、きれいな水+電力+リン
こちらの記事の方が砕いた説明になっていると思います。

当ブログ関連記事
パナソニック、テスラ電池工場に生産会社設立
九大、燃料電池の触媒向け白金使用量を1/10にする技術開発
産総研、PID劣化のないCIGS太陽電池開発
積水化、曲がる大容量リチウム電池を来年にも出荷-茨城に設備

   
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter