村田製作所、中国スマホ向け部品は来期も拡大

REUTERS
村田製作所、中国スマホ向け部品は来期も拡大

murataseisakusho_cheer_image.jpg

村田製作所の村田恒夫社長は経営説明会で、2015年度も、
中国のスマートフォン(スマホ)メーカー向けの売り上げ拡大に期待を示している模様です。


一方で、14年度の急激な伸びに比べて鈍化する可能性があるとの見方も併せて示しているとの事。

14年度の村田の中国携帯電話向け売上高は500―600億円になる見通し。
中国市場の携帯電話がスマホに切り替わるとともに、高速通信の「LTE」化が進み、
高機能部品の需要が急増したことで、前年度から2倍規模の伸びを見込んでいるとの事。

中国スマホの高機能化に応じて、村田の積層セラミックコンデンサー(MLCC)やLTEモジュールの
スマホ1台あたりの搭載数量が増えるため、来期も引き続き、中国スマホ関連の売り上げ拡大を見込むそうです。

ただ、村田社長は「今期の中国のシェアは高かったが、来期は同業も入ってくる」(村田社長)と指摘。
また、第3世代(3G)携帯への切り替えも一巡しているため、
14年度ほどの急激な伸びにつながらない可能性もあるとしています。

強化している自動車向け部品の14年度の売上高は前年比17%増の1400億円を見込んでおり、
来期も「10―15%の伸びを期待している」(村田社長)としています。

スマートウォッチやスマートグラスなど「ウエアラブル端末」向け部品需要については
「まだ市場がうまく拡大していない」(村田社長)と述べて、当面の売り上げ予測の公表を控えています。
ただ、米Appleの「アップルウォッチ」のヒットによっては
「爆発的な市場になることも予想される」として、将来に向けての期待を示しています。

村田製作所も中国スマートフォンメーカーの恩恵に与った企業の一社ですが、
来年度に向けては慎重な姿勢を見せているようです。

当ブログ関連記事
パネル各社の15年スマホ用取り組み DIGITIMES調査
中国スマホ大手、生産拡張の勢いに急ブレーキ
ロームなど、2週間連続動作できるウェアラブル生体センサー技術開発
日本の電子部品、海外スマホ供給で明暗 Samsungやソニー向けは苦戦

   
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter