FC2ブログ

コーニング、落下時の耐久性2倍の「ゴリラガラス4」開発-薄さ・透明度維持

日刊工業新聞
コーニング、落下時の耐久性2倍の「ゴリラガラス4」開発-薄さ・透明度維持

corning_gollira_glass4_test_image.jpg

米コーニング(Corning)は薄さや光学的透明度を維持したまま、落下時の耐久性を高めた
「コーニング ゴリラガラス(GorillaGlass)4」を開発したと発表しています。


競合ガラス製品と比べて最大2倍の耐久性を持たせたとしています。
サンプル出荷を始めており、既に数社では採用が決まったとの事。
同社によれば、屋外使用時における破損の70%以上が、アスファルトやコンクリートなどの荒い表面への
落下時に生じる傷が原因であるとしています。

日常使用時の落下による画面破損を防ぐことを狙いに開発。
これにより、先端がとがったものや鋭利なものとの接触による傷に対する保護性能を大幅に改善したそうです。

同社のシミュレーションによると、カバーガラスが荒い表面と接触するよう1mの高さから画面を下にして
スマートフォンを模した筐体を落下させた結果、「コーニング ゴリラガラス4」は競合品のガラスに比べて
最大2倍の耐久性を示したとしており、また、80%の確率で破損しなかったとしています。

サファイアガラスのスマートフォンへの採用が始まりつつある中、化学強化ガラスである
「ゴリラガラス」も強度を高めてきているようです。

当ブログ関連記事
Corning社が損失1/10の光導波路の形成技術を開発、スマートフォンのディスプレーにセンサーを実装可能に
【部材】Atmel/Corning、超薄型静電容量タッチスクリーンを共同開発
コーニング、Gorilla Glassの生産を静岡から韓国牙山に移管
【まとめシリーズ】ゴリラガラスのこと、まとめてみました
コーニング「ゴリラガラス3はサファイアガラスよりも高強度」─テスト動画を公開

   
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter