ソニー新規事業チームのもとで開発:電子ペーパーウォッチ「FES Watch」(追記)

WIRED.jp
ソニー新規事業チームのもとで開発:電子ペーパーウォッチ「FES Watch」

sony_logo_image.jpg

『Wall Street Journal』紙はソニーが密かにスマートウォッチ・プロジェクトに
取り組んでいることがわかったと報じています。


「Fashion Entertainment(FES)」の名のもと、電子ペーパーウォッチを
ウェアラブル製品分野に投入したとの事(※)。

※WIRED.jpからの問い合わせに対して、ソニーの広報からは
「ソニーの新規事業創出部のもと、Fashion Entertainments(FES)という新規事業プロジェクトチームが
電子ペーパーを活用した腕時計などの製品開発を進めて」おり、
FESプロジェクトでは、FES Watchという名称で柄が変わる文字盤ベルト一体型の
電子ペーパーウォッチの製品開発を進めている」との回答が得られたとの事です。

FES_logo_image.jpg
http://fashion-entertainments.com/

このプロジェクトは、2014年9月8日~9月26日にクラウドファンディング・サイト「Makuake」に掲載され、
140人のサポーターを集めて、目標とする200万円を超えることに成功しており
その後、好評につき、19,800円で支援する別ページを立ち上げ、現在までに341万円を集めているようです。
同プロジェクトの関係者はWall Street Journal紙に対して、
「ソニーとの関わりを隠したのは、われわれのコンセプトに対する需要があるのかどうか、
この製品の本当の価値を試したかったからだ」と語ったそうです。

同製品は電子ペーパーを使うことで、現在市販されている既存のスマートウォッチに見られる
サイズが大きく、かさばるということと、バッテリー寿命の短さについて解決を図っています。
FESの電池寿命は60日だそうです。
また電子ペーパーはストラップ部分にも採用されているため、
文字盤とストラップの組み合わせは26種類と多様なデザインが提案されています。

FES_FESwatch_variation_image.png

インターネット接続のデバイスではなく、外部接続機能などは備えていないシンプルな製品です。

時計のほかにも蝶ネクタイなど他の製品にも取り組んでいます。



しかしWIREDが好きそうな内容ですね。

電子ペーパーがどこのものか気になりますが、E-Inkでしょうか。
Sony製品にも多く採用されていますので、扱いは慣れているのではないかと思います。

関連記事
CNET Japan:ストラップの柄も変わる電子ペーパー腕時計「FES Watch」はソニー製--WSJ報道
(14/12/14追記)
TechCrunch:Sonyの社内起業第一弾“eペーパーウォッチ”は社名を隠してクラウドファンディングに成功/
ITmedia:ソニーの電子ペーパー時計はクラウドファンディング中の「FES Watch」
(15/11/26追記)
一般店舗での販売が始まっているようです。
ITmedia:ソニーの電子ペーパー時計「FES Watch」 一般店舗でも販売
CNET Japan:ソニー、24通りのデザインを楽しめる「FES Watch」店頭販売開始へ
(15/12/07追記)
CNET Japan:ソニーが仕掛けるファッションのデジタル化--電子ペーパー腕時計「FES Watch」開発秘話
プロジェクトリーダーへのインタビュー記事です。
(16/09/15追記)
ITmedia:ソニーの電子ペーパー時計に新モデル「FES Watch U」登場 デザインの追加購入が可能に
engadet:ソニーの電子ペーパー腕時計「FES Watch」に新モデル──サファイア風防やIP57防水など大幅強化、支援受付中

当ブログ関連記事
ソニーが下方修正、今期最終赤字は2300億円に―スマホ事業で打撃
ラルフローレンから「スマートシャツ」が登場
プレーを分析できるテニスラケット、ダンロップスポーツが発売

   
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter