FC2ブログ

慶大、カゴ状シリコンの単分子膜を開発

日刊工業新聞
慶大、カゴ状シリコンの単分子膜を開発-1センチメートル角サイズ

keio-univ_Si_nanocrastor_image.jpg

慶応義塾大学理工学部の中嶋敦教授らはカゴ状シリコンの単分子膜を開発したと報じられています。


カゴ状シリコンは中の金属原子や電子状態を変えることによって、
光電変換やメモリーなどの機能を引き出せるとされています。
薄膜化の方法が確立され、電子デバイスに応用する道が開けたとしています。

サッカーボール型の炭素構造物であるフラーレンの単層膜の上に、カゴ状シリコンの単分子膜を製作したとの事。
平らな炭素構造物であるグラフェンの上ではカゴ状シリコンが移動しやすく、簡単に凝集してしまうそうですが
フラーレン膜上は凸凹で移動が制限されるため、カゴ状シリコンがきれいに並ぶとしています。

今回、タンタルを中に入れたカゴ状シリコンをフラーレン上に並べています。
カゴ状シリコンがプラスに、フラーレンがマイナスに帯電しており、1対1で共有結合してペアを作るとの事です。
1cm角サイズの成膜に成功しているとの事で
今後、マイナスに帯電するカゴ状シリコンの成膜や、それを重ね合わせたデバイスなどの開発を進めるとしています。

JSTニュースリリース
気相からの丸いカゴ状のシリコンナノ物質の合成、薄膜化に成功
~新材料創製やエレクトロニクスへの応用に期待~


当ブログ関連記事
北陸先端大など、バイオポリイミド樹脂を開発-最高の耐熱性能
東大が水分センサー付きの曲がる無線タグを開発、トランジスタなどは有機材料で作製
東大など、グラフェンデバイスの性能劣化原因とされる高抵抗領域の形成メカニズム解明

   
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter