FC2ブログ

シャープ、4.1型で736ppiのIGZO液晶パネルを試作

ITmedia
シャープ、4.1型で736ppiのIGZO液晶パネルを試作 スマホ向け4Kパネルも視野に

sharp_4p1_WQXGA_LCD_image1.jpg sharp_4p1_WQXGA_LCD_image2.jpg

シャープが、超高精細な4.1型ワイドQXGA IGZO液晶パネルを試作しています。
これを応用し、2016年までにスマートフォン向けに4Kパネルの提供を目指すとの事。


シャープIGZO技術を採用し、画素密度736ppiを実現した4.1型のモバイル端末向け
小型液晶パネルを試作したことを発表しています。

解像度はワイドQXGA(2560×1600ピクセル)で、4.7型のHD(720×1280ピクセル、312ppi)液晶と比べて、
画素サイズは4分の1、画素数は約4.4倍となります。
ワイドQXGAのディスプレイは、現在は「ARROWS Tab F-03G」など10型クラスの
タブレットに用いられています。

sharp_4p1_WQXGA_LCD_image3.jpg
シャープは「グラビアを超える解像度」と説明している
 
今回試作した液晶パネルは、IGZOとTFTの構造をシンプルにして開口率を高めることで、
画素密度の向上に成功したとしています。
これまで、高画素化は低温ポリシリコンが得意としていましたが、
シャープIGZOでも同等の高精細化が可能になったとしているとの事。

sharp_4p1_WQXGA_LCD_image4.jpg
高開口率化技術により、画素サイズを4分の1まで細かくすることができた
sharp_4p1_WQXGA_LCD_image5.jpg
低温ポリシリコンと同じくらい、画素内のトランジスタ面積を小さくすることを目指す

この4.1型試作パネルを6型にすると、解像度は4Kになります。
今後は、IGZO技術を採用した4Kサイズのスマートフォン向け液晶パネルの開発も進め、
2016年ごろの製品化を目指すとしているとの事。
中国では、スマートテレビやタブレット、ノートPCで4Kパネルの搭載が進んでおり、
中国スマートフォンの液晶パネルを製造しているシャープとしても、
こうした高精細化のトレンドを取り入れていく模様です。

シャープはモバイル端末向け4K液晶パネルの需要に応えられるよう、
亀山第2工場で高精細なパネルを生産できる体制の構築を目指すとしています。

sharp_4p1_WQXGA_LCD_image6.jpg
スマートフォン向け液晶パネルの解像度の割合。
フルHDの次は、シャープもWQHDディスプレイを取り入れることが期待される

sharp_4p1_WQXGA_LCD_image7.jpg
シャープが開発している、中国のスマートフォン用液晶パネルの解像度

sharp_4p1_WQXGA_LCD_image8.jpg
IGZO液晶ディスプレイの特徴

sharp_4p1_WQXGA_LCD_image9.jpg
IGZO液晶ディスプレイの売上も順調に伸びている

関連記事
CNET JApan:シャープ、超高精細736ppiのスマホ向けIGZO液晶パネルを開発
REUTERS:シャープが4kスマホ用液晶を開発、IGZO技術で

当ブログ関連記事
シャープ、中国スマホ液晶の今期出荷上振れも
シャープ、4年ぶり中間最終黒字 営業利益は計画未達
「AQUOS CRYSTAL」の開発陣へのインタビュー記事
中国市場攻略に懸けるシャープ、注力5分野とタッチパネル展示

   
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter