FC2ブログ

12.9型iPad、量産開始に遅れ 15年Q2に iPhone 6優先で

EMSONe
【EMS/ODM】 12.9型iPad、量産開始に遅れ 15年Q2に iPhone 6優先で

apple_ipad_mini_air_image.png

AppleのタブレットPC「iPad」で新サイズの12.9型「iPad Pro」の生産が遅れている模様だと報じられています。


台湾紙『経済日報』がiPadの台湾系サプライチェーンの話として伝えたもので、
アップルの新型スマートフォン「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」のヒットにより、
組立のFoxconn(鴻海)やペガトロン(Pegatron=和碩)、光学レンズのLargan(大立光)などの
台湾系サプライチェーンが、iPhoneの生産を優先しているあおりを受け、
iPad Proの生産が後回しにされているためとされています。

同紙ではiPad Proの量産が本来予定していた15年初頭から、
同年第1四半期に先送りされると報じているとの事。

別の報道でもiPhone6好調によりサプライヤーの生産枠が逼迫している様子が報じられています。

関連記事
【産業動向】 iPhone 6大ヒット余波 Android陣営、新モデル投入時期決められず

当ブログ関連記事
バックライトのRadiant、iPad Air 2用出荷が好調
iPad mini生産打ち切りか 12型は鴻海独占 コンパルはアップルの受注ゼロも
iPad受注比率、Airは鴻海独占 mini 3はペガ6割 コンパルも受注か
新型iPad Air、パネル初ロットはLGD独占か サムスン量産は14年10月


関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter