FC2ブログ

日本発の新型太陽電池「ペロブスカイト」夜明け前-世界の研究者が注目

日刊工業新聞
日本発の新型太陽電池「ペロブスカイト」夜明け前-世界の研究者が注目

NAIST_solarcell_hybrid_material_image.jpg

 「ペロブスカイト」という結晶構造を持つ、日本発の新型太陽電池が世界の研究者から注目されているようです。
開発からわずか5年でエネルギー変換効率が5倍に増え、現在主流のシリコン系太陽電池に近づきつつあるとの事。
安定性など実用化に向けた課題はあるものの、圧倒的に低コストで作製できる可能性を秘めていると報じられています。


NAIST_solarcell_hybrid_image.jpg
ペロブスカイト太陽電池の構造。ガラス基板の上で、多孔質の酸化チタンに
ペロブスカイトの溶液を塗布して作製する(産総研提供)

ペロブスカイト太陽電池は、ペロブスカイトという結晶構造を利用した太陽電池の総称。
一般に炭素などの有機物、鉛などの金属、ヨウ化物や塩化物といったハロゲン化物で構成する
“有機無機ハイブリッド型”の太陽電池になります。

NAIST_solarcell_hybrid_process_image.jpg
ペロブスカイト太陽電池は高温や高真空プロセスを使わず、塗布だけで作製できる

このペロブスカイト結晶を、太陽電池の素材として再評価したのが
桐蔭横浜大学大学院工学研究科の宮坂力教授。
09年にペロブスカイト結晶の薄膜を発電部に使用し、太陽電池として動作することを発見しています。
12年に宮坂教授らが英オックスフォード大学との共同研究により、
10.9%の変換効率達成を米科学誌サイエンスに発表。
現在の変換効率は研究室レベルながら、ガリウムなどを使う化合物系太陽電池と同等の約20%に到達。
 
ペロブスカイト太陽電池の特徴は作製方法が簡単なうえ、製造コストも安価であることとされています。
高温加熱や高真空プロセスを必要とせず、
基板の上で、多孔質の酸化チタンに溶液を塗布して乾かすだけで作製することができ
結晶原料も極めて安価となっています。

関連記事
日本化学会:有機無機ペロブスカイト太陽電池

当ブログ関連記事
帝人、高効率太陽電池向け新材料「ナノグラムシリコンペースト」開発
日本ケミコン、色素増感太陽電池向け透明電極膜を量産
透明太陽電池フィルムをミシガン州立大学が開発
富士フイルム・京大、太陽電池向け量子ドット薄膜開発-電気伝導度10倍に

   

関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter