FC2ブログ

組み合わせ自由なスマホ「Project Ara」 フレームはクアンタ、インダクタは鴻海

EMSOne
【EMS/ODM】 組み合わせ自由なスマホ「Project Ara」 フレームはクアンタ、インダクタは鴻海

google_project-ara_image.jpg

台湾紙『経済日報』は、ベースになるフレームに、カメラやディスプレイなど好みのモジュールを組み合わせて
スマートフォンを組み立てられるという米グーグルGoogle)のプロジェクト「Project Ara」で、
グーグルが10月29日、第2世代のプロトタイプを台湾で展示したと報じています。

うち、グーグルのみが提供するフレームは、同社が台湾クアンタ(Quanta Computer=広達電脳)に
生産委託していると報じられています。
インダクタは台湾Foxconnが担当しているようです。

当ブログ関連記事
スマホも自作の時代… グーグルが推し進める「Project Ara」10の真実
Google、Project Araの初号機「GrayPhone」を2015年1月に発売する計画
Google、組立スマホ「Project Ara」モジュール開発キットをリリース
組み立てスマホ「Project Ara」のPV動画を公開─4月15日の開発者会議で詳細発表へ


関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter