FC2ブログ

サムスンのみ出荷数減少し続落――2014年7~9月スマホ世界シェア

EETIMES
サムスンのみ出荷数減少し続落――2014年7~9月スマホ世界シェア

2014Q3_smartphone_venders_unit_shipments_IDC_image.jpg
2014年第3四半期までのスマートフォンメーカートップ5社の推移 出典:IDC

IDCのリポートによると、2014年第3四半期(7~9月期)におけるスマートフォン出荷数は
前年同期比で25%の増加となっています。
トップ5社では、Xiaomi(シャオミ)が大幅に出荷数を伸ばし、
Samsung Electronics(サムスン電子)は唯一、前年同期比で出荷台数を落としているとの事です。

米国の市場調査会社IDCは、同年第3四半期(7~9月期)におけるスマートフォンの出荷台数を
まとめたリポートを発表しています。
これによると、同四半期のスマートフォン出荷台数は3億2760万台。
2013年第3四半期の2億6170万台に比べて25.2%の増加、
2014年第2四半期の3億130万台に比べて8.7%の増加となっています。

IDCで携帯電話機の市場動向を担当するRyan Reith氏によれば
「市場の成長が鈍化しているといわれているが、スマートフォンの出荷数は四半期ごとに過去最高を記録している。
先進国では、出荷数が1桁台の成長にとどまるレベルにまでスマートフォンは普及したが、
新興国では30%を超えるスピードで成長している。ただし、スマートフォンがコモディティ化しているという課題はあり、
Appleを除くスマートフォンメーカーはこれに苦労しているようだ」と述べています。

→スマートフォンのコモディティ化のスピードは早く、インド等の新興国市場では低価格のスマートフォンが
  多く流通しており価格競争も激しい市場となっています。
>インド33米ドルスマホ市場勃興 Firefoxは14年50万台見込む

■トップ5社では、サムスンのみ出荷数が前年比で減少

2014_3Q_smartphone_top5_IDC_image.jpg
2014年第3四半期におけるスマートフォン出荷台数トップ5社  出典:IDC


Samsung Electronics(サムスン電子):
スマートフォン市場の首位の座を維持していますが、トップ5社の中では唯一出荷台数が前年同期比で減少しています。
あらゆる方面から競争のプレッシャーがかかっていることに加え、ハイエンドスマートフォンへの熱が
薄れてきたことが要因となり、出荷台数は2014年が始まった当初から減少傾向にあります。

Apple:
「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」が好調であり新機種の販売台数は最初の週末で既に1000万台に上っています。
一方で「iPhone 5s」「iPhone 5c」についても根強いニーズがあり
これら前世代の機種が同四半期の出荷台数の大部分を占めているようです。

「iPhone4S」も売れ続けてタッチパネルメーカーはその恩恵にあずかっていました。
初期の売れ行きもそうですが、長く売れ続けるという強みもありそうです。
>タッチパネル市場動向:GGタイプタッチパネルはiPhone4/4SとiPad4効果で市場に残留

Xiaomi(シャオミ):
中国とその周辺地域にターゲットを絞ったことが功を奏し、初めて第3位についています。
前年同期比で3倍近く出荷台数を伸ばしており、成功した要因は最新スマートフォン「Mi4」とのこと。
既存のハイエンドに代わる製品という位置付けで発表されています。
中国以外の市場でどれだけ早く成長できるかが、出荷台数を増やす鍵になるとされています。

出荷台数は3倍近く、伸び率は200%以上と非常に勢いのあるメーカーです。
中国以外の市場にも進出してきています。
>Xiaomi(小米) ブラジル進出が難航

LenovoとLG Electronicsが4位タイとなっています。
100米ドル以下のスマートフォン「A369i」や「A316i」がアジア太平洋地域、中東、アフリカといった
新興市場において出荷数を伸ばしています。
LGの「Fシリーズ」「Lシリーズ」は先進国と新興国の両市場において好評のようです。
最新フラッグシップスマートフォン「G3」はハイエンドスマートフォン市場において存在感を維持していて、
LTE対応スマートフォン全体の出荷数を押し上げる製品となっているようです。

両社の戦略が異なるのも興味深いですね。LenovoはMotorola買収の効果がどれだけ出てくるかが注目です。
>インドのスマホ市場、レノボがソニー抜き3位に躍進へ モトローラ買収効果

当ブログ関連記事
サムスン電子の第3四半期は大幅営業減益、スマホ事業見直しへ
小米、スマホ世界シェア3位に浮上か 14年Q3に1840万台
サムスン、スマホ中国シェア2位死守に躍起 値引きや低価格モデル強化
「ニセiPhone」は卒業、「世界初」スマホ競争へ 「中国メーカーは悪くない」変わる意識

   
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter