FC2ブログ

ソニーの不振スマホ事業、新トップに構造改革担当の十時氏

REUTERS
ソニーの不振スマホ事業、新トップに構造改革担当の十時氏

sony_logo_image.jpg

ソニーは不振のスマートフォン(スマホ)事業のトップを交代すると発表しています。
11月16日付で、ソニー・モバイルコミュニケーションズの社長兼最高経営責任者(CEO)に
十時裕樹氏が就任するとの事。
現CEOの鈴木国正氏は、映画・音楽事業を手掛ける米国のソニー・エンタテインメントの役員に転じるとしています。


ソニーのスマホ事業は、中国メーカーの台頭を背景に苦戦しており
今年9月には、モバイルで今期1800億円の減損処理を計上すると発表しています。
スマホ事業の責任を明確化し、再建を十時氏に託す模様です。

現在、ソニーの業務執行役員を務める十時氏は、今年4月にナンバー2のポジションに就いた
吉田憲一郎最高財務責任者(CFO)とともに、パソコン事業の撤退やテレビ分社化などを立案。
昨年末に吉田氏とともに子会社のソネットから転じ、ソニー全体の構造改革を担っています。

吉田CFOと十時氏は、鈴木氏が敷いたスマホ事業の拡大路線を修正し、減損処理に踏み切った立場にあり
今後、十時氏自らが、課題のスマホ事業のトップに就任することで、立て直しを図ると見られています。
新興国での拡大路線を見直し、先進国など重点販売地域を絞り込んで、
確実に収益を確保する路線に転換するとしています。

今期のスマホ販売計画は期初計画の5000万台(前年同期は3910万台)から
第1四半期決算で4300万台に下方修正。減損処理の決定を経て、一段の下方修正となる見通しです。

スマホ事業のトップ交代でソニーの再建を進めることができるのか、今後のかじ取りが注目されます。

当ブログ関連記事
インドのスマホ市場、レノボがソニー抜き3位に躍進へ モトローラ買収効果
ソニーが下方修正、今期最終赤字は2300億円に―スマホ事業で打撃
ソニーがCMOSイメージセンサー増産 350億円で設備増強



関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter