FC2ブログ

iPad受注比率、Airは鴻海独占 mini 3はペガ6割 コンパルも受注か

EMSOne
【EMS/ODM】 iPad受注比率、Airは鴻海独占 mini 3はペガ6割 コンパルも受注か

apple_ipad_air_2_image.png

アップルが発表したタブレットPC「iPad Air 2」「iPad mini 3」のサプライチェーンが集積する台湾の市場では、
14年第4四半期のiPadシリーズ出荷台数が同第3四半期から少なくとも60%増の2000万台に達するとの
見方が強まっていると報じられています。


14年第2四半期の販売台数は1232万台だったとの事。

サプライヤーとしては、Airは台湾Foxconn(鴻海)が独占し、mini 3は台湾Pegatron(和碩)が6割を受注し、
また台湾コンパル(Compal Electronic/仁宝電脳)も受注と報じられているようです。

タブレット市場は市場の成熟により成長が鈍化するとも見られていますが、
Appleの新製品への期待は高いようです。

当ブログ関連記事
新型iPad Air、パネル初ロットはLGD独占か サムスン量産は14年10月
iPad Air第2世代のタッチパネル、第一サプライヤーは鴻海傘下のGIS
アップル、12.9インチ「iPad」を2015年初頭に製造開始か



関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter