FC2ブログ

サムスン、スマホ中国シェア2位死守に躍起 値引きや低価格モデル強化

EMSOne
【携帯】 サムスン、スマホ中国シェア2位死守に躍起 値引きや低価格モデル強化

samsung logo

韓国サムスン電子(Samsung Electronics)が、中国市場でスマートフォンのシェア2位を死守するため、
一部製品の価格を10〜20%引き下げることを決めた模様だと報じられています。


『工商時報』『経済日報』などの台湾メディアが報じたもので、
14年第2四半期、サムスンは中国Xiaomi(小米科技)に抜かれ、中国のスマホ市場シェアで2位に転落。
ただ、CoolPad(酷派)、レノボ(Lenovo=聯想)、Huawei(華為)などその他の中国地場系の追撃も激しいことから、
3位転落もあり得るとして、同社では危機感を強めているようだと報じられています。


好調なApple、躍進するXiaomiをはじめとする中国系メーカーの間でSamsungが苦しんでいるようです。
シェア維持の為に低価格モデルの拡充や値引きも検討中のようですが、厳しい状況は続きそうです。

当ブログ関連記事
サムスン営業益60%減、スマホ不振拡大 14年7-9月(追記)
Samsung、韓国系からのタッチパネル調達減少(追記)
サムスンのスマホ低迷直撃 Yong Fast、ベトナム人員削減


関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter