FC2ブログ

iPhone金属筐体、15年は台湾系3社供給 中国系参入なしの報道

EMSOne
【EMS/ODM】 iPhone金属筐体、15年は台湾系3社供給 中国系参入なしと台湾紙

apple_iphone6_metalcase_image.jpg

台湾紙『中国時報』は、米AppleスマートフォンiPhone 6」シリーズの筐体について、
5.5型「iPhone 6 Plus」は台湾Foxconn Tech(鴻準)の独占、4.7型「iPhone 6」は
Foxconn Techと台湾Catcher(可成)が受注を分け合ったと報じています。


さらに2015年分では、4.7型に台湾Casetek Holdings(鎧勝控股)が加わるとしており
また、注目された中国系企業の受注は15年分もないと伝えているとの事です。

Catcherは筐体に不具合があり受注流出と以前報じられていましたが、
その分はFoxconnTechが受注を勝ち取った模様です。

ボリュームの大きい製品ということもあるのでしょうが、サプライヤーの入れ替わりが激しいですね。

当ブログ関連記事
iPhone6 部品供給業者(サプライヤー)まとめ(追記)
iPhone6/6Plus好調、部材業者へも恩恵の波
アップル、6 Plusの生産拡大を要請 4.7型は400万台減少へ
カンタツのiPhone 6レンズ受注比率3割 競合低迷で6Plus獲得も視野
「iPhone 6」はどこから来たか?


関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter