FC2ブログ

新型iPad Air、パネル初ロットはLGD独占か サムスン量産は14年10月

EMSOne
【液晶パネル】 新型iPad Air、パネル初ロットはLGD独占か サムスン量産は14年10月

apple_ipad_air_2_image.png

台湾の経済紙『工商時報』は、米アップルApple)が発表したタブレットPCで9.7型の「iPad Air」第2世代の
パネル供給について、初ロットは韓国LGディスプレイ(LG Display)1社のみが供給すると報じています。


また、14年10月に韓国サムスンディスプレイ(Samsung Display)が量産を開始すると伝えており
さらに、バックライトモジュールについては、初代のiPad Airでは台湾Radiant(瑞儀)、台湾Coretronic(中光電)の
2社が受注を分け合いましたが、第2世代ではRadiantが独占受注に成功したと報じているそうです。

当ブログ関連記事
iPad Air第2世代のタッチパネル、第一サプライヤーは鴻海傘下のGIS
アップル、12.9インチ「iPad」を2015年初頭に製造開始か
iPad減速、タブレット市場に不安感


関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter