FC2ブログ

iPad Air第2世代のタッチパネル、第一サプライヤーは鴻海傘下のGIS

EMSOne
【液晶パネル】 iPad Air第2世代のタッチパネル、第一サプライヤーは鴻海傘下のGIS

apple_ipad_mini_air_image.png

アップルApple)は、2014年10月16日(米国時間)に開催する製品発表会で、
タブレットPCで9.7型の「iPad Air」の第2世代を発表するものと見られています。


これについて、アップル・ウオッチャーとして著名な台湾KGI(凱基)証券の郭明錤アナリストは最新レポートで、
iPad Air第2世代に搭載されるタッチパネルについて、ボディカラーがゴールドとシルバー用は
台湾Foxconn(鴻海)傘下のGIS(業成)が受注したとの見方を示しています。

この結果、タッチパネル最大手、台湾TPK(宸鴻)の受注はスペースグレイのみにとどまり、
受注比率はGISが全体の7割、TPKは3割だとしています。

iPad向けタッチパネルはTPKからGISに受注がシフトしているようですね。
GIS(業成)が手掛けるということでタッチパネルはフィルム方式かOGS方式だと思いますが
軽さを追求するならフィルム方式でしょうか。

当ブログ関連記事
アップル、12.9インチ「iPad」を2015年初頭に製造開始か
iPad減速、タブレット市場に不安感
アップル、3割薄型化した「iPad mini Air」を投入か
【液晶パネル】 iPad、タッチパネルにダイレクトボンディング採用へ
Innolux、タッチパネルはオンセル型に専念
【液晶パネル】 タッチパネルのGIS、アップル向け激増受け新竹で生産拡充
【液晶パネル】 iPad第5世代のタッチパネル、鴻海傘下のGISが半数受注 TPKの脅威に
【液晶パネル】 鴻海、タッチパネルで成果 アマゾン7型タブレット用受注 iPad mini用も拡大


関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter