FC2ブログ

Samsung、欧州のノートPC市場から撤退へ

CNET JAPAN
サムスン、欧州のノートPC市場から撤退へ

Samsung_Ativ_image.jpg

Samsungは欧州でのノートPC事業から撤退する計画だと発表しています。



ただし、これは他の地域におけるPC事業からの撤退を意味するわけではないとしています。
同社は欧州で、Googleの「Chrome OS」を搭載する「Chromebook」や
Microsoftの「Windows」搭載PCの販売を打ち切るとの事です。

Samsungは声明で次のように述べています。
「われわれは市場のニーズと需要に素早く対応する。欧州では当面、ChromebookなどノートPCの販売を打ち切る。
これは欧州地域についての措置であり、他の市場での状況を必ずしも反映していない。
今後もわれわれは市場の状況を十分に評価し、さらなる調整を行って、
新たに出現しているPCカテゴリでの競争力を維持していく」

この動きにノートPCのサプライチェーンが集積する台湾では懸念が広まっているようです。

EMSOne:【PC】 サムスン欧州PC市場撤退 レノボ躍進なら台湾系供給チェーンには逆風

Samsungに対してLenovoが台頭してくる場合、例えばタッチパネルでは
YoungFastがSamsungのサプライヤーとして報じられているように、台湾系のメーカーから
Lenovoの重用する中国系のメーカーへ勢力図が変わる可能性があります。

当ブログ関連記事
サムスンのスマホ低迷直撃 Yong Fast、ベトナム人員削減
Samsung、脱中国の動き―サムスン幹部「世界の工場、次はインド」 

関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter