FC2ブログ

九大、燃料電池の触媒向け白金使用量を1/10にする技術開発

日刊工業新聞
九大、燃料電池の触媒向け白金使用量を10分の1にする技術開発

kyusyu-univ_cnt_platinum_catalyst_image.jpg
カーボンナノチューブに固定化した白金。 表面積を大きく活用したため、
粒径が小さくても同等の性能を得た(九大提供)

九州大学大学院工学研究院の中嶋直敏教授、藤ヶ谷剛彦准教授らは、
燃料電池触媒に使う白金の使用量をこれまでの1/10にできる技術を開発したと発表しています。


白金の粒径と基材の表面に固定する密度を減らしつつ、有効利用する表面積を増やし、
従来と同等の触媒性能を得たとの事。

研究グループは、白金を固定化する基材のカーボンナノチューブに、あらかじめ接着剤のような物質を塗布し、
白金が均一に分布するようにしたとしています。
添加量を少なくした白金原料を加えると、白金は大きく成長せず、小さい粒径のままだったとの事。

従来の大きい粒径の白金を使う燃料電池と比較したところ、小さい粒径の白金を使う燃料電池
10倍の電流密度を得たとしており、白金使用量を1/10に減らしても、同等の性能が得られる計算になります。

燃料電池触媒には耐久性のある白金が使われますが、高価なために高コストの要因になっています。

九州大学ニュースリリース
固体高分子形燃料電池の白金使用量削減に成功~コスト削減による燃料電池の普及を加速~

関連記事
マイナビニュース:九大、固体高分子形燃料電池の白金使用量を1/10に削減

当ブログ関連記事
東工大など、二酸化チタンの光触媒活性決める重要因子を発見
傷ついたナノチューブに触媒活性発見

  
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter