FC2ブログ

国交省、造船作業用パワードスーツ開発へ-労働力不足補う

日刊工業新聞
国交省、造船作業用パワードスーツ開発へ-労働力不足補う

powerdsuits_for_working_image.jpg
パワードスーツで肉体負担を軽減(写真はイメージ)

国土交通省は2015年度から造船作業用パワードスーツの開発に乗り出すと報じられています。



深刻化する造船現場の労働力不足を解消するには、女性や高齢者を技能工として
活用するための職場環境の整備が必要と判断し、作業の負担軽減に役立つ補助機器を開発するとしています。
開発期間は2年の予定で、早期の実用化を目指すとの事。

造船業では作業者が上向きで行う塗装作業や、腰をかがめた状態で長時間にわたる溶接作業、
重量物搬送など肉体的負担が大きい仕事が多く、女性や高齢者の活用が遅れています。

そこで介護や農業で実用化が進むパワードスーツの技術をベースに造船業向け装置を開発するとしており
開発委託にあたってはパワードスーツメーカーと造船関連メーカーのグループに委託することも検討するとの事です。

国交省はパワードスーツの開発だけでなく、女性の就労を考慮した職場環境の指針も策定するとしており
技能工の育成を効率化・高度化するためにバーチャルリアリティーを使った
作業シミュレーターも開発する計画としています。

先日の農林水産省に続いて国交省もパワードスーツの開発を進めるようです。
農業と同様に造船業も肉体負担の大きい職種であり、従事者の間口を広げるための施策を行う目論見のようです。
作業内容が異なりますので一概には言えないのですが、
類似する技術の開発については省庁間で上手く連携して欲しいところですね。

当ブログ関連記事
農作業、ロボットにお任せ-農水省、来年度から農業分野ロボを実証

 
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter