FC2ブログ

農作業、ロボットにお任せ-農水省、来年度から農業分野ロボを実証

日刊工業新聞
農作業、ロボットにお任せ-農水省、来年度から農業分野ロボを実証

wakayama-u_assist_suits_for_agli_image.jpg
和歌山大の農業用アシストスーツ
(農水省での実演デモ)

農林水産省は農業分野におけるロボットの導入に向けた実証事業に、2015年度から乗り出すと報じられています。

ロボットメーカーや農機メーカー、農業法人、大学などから希望者を募り、
実証試験を通じて低コスト化や使い勝手の向上、安全性確保などの課題を検証するとしています。

実証事業の件数は20件以上に上る見通しで、大規模農場でのトラクター自動走行や中山間地の除草ロボット、
果樹園の積み下ろし作業の負担を軽減するアシストスーツ、
畜舎内の排せつ物を洗浄消毒するロボットなどを想定しているとの事。

ロボットメーカーは新規参入分野で農業に高い関心を持っていますが、
農業ロボットは年間の稼働時期が収穫期などに限られていること、
作物や作業種類により仕様が異なることなどがネックになると見られています。

農水省では
「ロボットにすべてを任せるのではなく人手作業と組み合わせたり、
作物もロボットが働きやすいよう栽培方法を変える方法もある」(農林水産技術会議事務局)
とみているようです。

農業従事者の人口減が指摘されて久しいですが、
最近では企業体が農業ビジネスに参入する例も増えていると聞きます。
身体的な負担の大きい作業について効率化が図れれば、初期投資などの問題もありますが
「ビジネスとしての農業」の敷居を下げる一助になるのではないでしょうか。


  
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter