FC2ブログ

スマホの金属製筐体増で加工業者が活況

EMSOne
【EMS/ODM】 スマホの金属製筐体増で加工業者が活況

samsung_galaxy-alpha_metalcase_image.png

スマートフォン用金属製筐体の需給がひっ迫している状況のようです。



供給大手のCATCHER(可成)、FOXCONN Tech(鴻準)、Casetek Holdings(鎧勝控股)の
台湾系3社が生産能力の大半を米アップル(Apple)に抑えられているほか、
韓国サムスン電子(Samsung Electronics)や中国系ブランドも、
スマホに金属製筐体を使うケースが増えているためだと報じられています。

生産工場が集まる中国では、金属製筐体を加工するCNC(コンピュータ数値制御)装置が足らず、
顧客が列を為している状態のようです。
このような状況を受け、金属製筐体の供給価格も上がりつつあるようだと
台湾紙『経済日報』が報じています。

金属筐体の採用がトレンドとなっていますが、
部材の調達が困難な状況が今後も続きそうです。

当ブログ関連記事
Galaxy S6も筐体は金属製採用? 金属筐体は品薄の観測
昆山爆発の余波 iPhone6にも影響の可能性
サムスンのハイエンドスマホ「Galaxy Alpha」、中国BYDの金属製筐体に歩留まり懸念

  
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter