FC2ブログ

「地震が起きたとき、人はどうするか」をウェアラブルデバイスが明らかに

WIRED.jp
「地震が起きたとき、人はどうするか」をウェアラブルデヴァイスが明らかに

jawbone_up_at_earthquake_wearabledevice_image.png

米国カリフォルニア州北部を8月24日(米国時間)の深夜(午前3時20分)に襲った
マグニチュード6.0の地震の際の人々の行動がアクティブトラッカーのデータから明らかになりました。

フィットネス・トラッカーのひとつである「Jawbone UP」のデータサイエンティストたちは、
ユーザーから集めたデータを場所に基づいて集計し、
地震が発生したときに、大勢の人が即座に目を覚ましたことがわかるグラフを発表しています。

jawbone_up_at_earthquake_wearabledevice_grath_image.png

このグラフを見ると、人々の「覚醒」ピークは、地震の衝撃が地面を伝わった午前3時20分の
地震計のピークとほとんど同じということが分かります。
また、ナパやソノマなど、震源地から15マイル(24km)以内にいた利用者の93%が目を覚ました一方で、
約2倍の距離にあるサンフランシスコ(48km)やオークランド(47km)では、
地震によって目覚めた利用者は50%強に留まっており、
震源地からさらに遠くなるにつれて、驚いて目覚めた人の割合は徐々に小さくなっている事がわかります。

いままでは自己申告などでしか得られなかったデータが正確に得られることで、
新たな知見が得られる可能性がありますね。

関連記事
Gigazine:地震の揺れでどれくらいの人が起きるのか、健康管理ウェアラブル端末から収集したデータを分析

当ブログ関連記事
ウェアラブルデバイスが抱える法的リスク
Microsoft、スマートウォッチを10月に発売の予測、リストバンド型デザイン採用
【EMS/ODM】 コンパル、産学協同でヘルスケアのスマート衣料進出
14年1Qのウェアラブルデバイス出荷-アクティブトラッカーがスマートウォッチの4倍
【EMS/ODM】 ウェア端末の台湾系受注、スポーツ・健康機器系が主力




関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter