FC2ブログ

アップル、12.9インチ「iPad」を2015年初頭に製造開始か

CNET Japan
アップル、12.9インチ「iPad」を2015年初頭に製造開始か

apple_ipad_12p5_cnet_image.jpg

Appleは2015年初頭、大画面「iPad」の製造を開始する計画だと報じられています。


Appleのサプライヤーは、12.9インチの新型タブレットの製造を2015年第1四半期までに
開始するはずだと述べているととBloombergが報じています。
Bloombergは匿名情報筋らの話として、Appleが「少なくとも1年前からサプライヤーらと共同で、
大型タッチスクリーンを搭載する一連の新しい端末の開発に取り組んでいる」と述べています。

Appleはかなり以前から、2014年中または2015年のリリースに向けて大画面を搭載する
iPad Pro」に取り組んでいると噂されており、
これに加えてAppleは、新しい大画面「iPhone」を米国時間9月9日に発表するとも予測されています。
Appleはコメントを避けているとの事。

iPhoneとiPadは、Apple売上高の約3分の2を占めていますが、iPadはこの数四半期間、苦戦が続いており
第2および第3会計四半期のiPad販売台数はアナリストらの予測を下回り、
Appleは、流通在庫として残る端末台数と需要の低迷をその原因としているとの事。
直近の四半期のアナリストらによるiPad販売台数予測は約1440万台でしたが
販売実績としては前年同期比で9%減となる1330万台となっています。

また新型iPadの組立は台湾クアンタ(Quanta Compute/広達)が独占受注し、
15年第1四半期から量産に入ると報じられています。
クアンタがiPadシリーズを受注するのは初めてとなりますが、「iMac」や「MacBook」シリーズの組立は
大半をクアンタが手がけているそうです。

関連記事
REUTERS/ロイター:アップル、12.9インチ新型「iPad」の来年発売を計画=通信社
WSJ:iPadの大型化、デバイス間の境界線あいまいに
EMSOne:【EMS/ODM】 12.9型iPad、クアンタが15年Q1から量産 発売は15年Q2

当ブログ関連記事
iPad減速、タブレット市場に不安感
アップル、3割薄型化した「iPad mini Air」を投入か
【液晶パネル】 iPad、タッチパネルにダイレクトボンディング採用へ
【液晶パネル】 iPad miniパネル供給で大再編か シャープ激減・AUO落選・サムスン躍進の観測
【液晶パネル】 タブレット用タッチパネル供給で台湾が大幅に後退 アップル受注流出響く


関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter