FC2ブログ

プレーを分析できるテニスラケット、ダンロップスポーツが発売

日経テクノロジーオンライン
プレーを分析できるテニスラケット、ダンロップスポーツが発売

dunlop_Babolat Play Pure Drive_product_image
(写真:Babolat社)

ダンロップスポーツは、プレーの分析機能を備えるテニスラケットを国内発売すると発表しています。
210本の数量限定で、価格は7万円(税別)との事。


このテニスラケットは、フランスBabolat VS社が開発し、2013年12月から米国や欧州で販売している
「Babolat Play Pure Drive」の対応アプリを日本語仕様にしたものとの事で
「バボラプレイ ピュア ドライブ ジャパンリミテッド」の名前で売り出すそうです。

同製品の特徴としてはデバイスをグリップに内蔵していること。

グリップに通常、内蔵されるウエイトとほぼ同じ重さのデバイスユニットを組み込むことで、
通常のラケットに対して重さや使用感が変わるのを防いだとしており、
また、センサーをグリップの上端側(フェイスに近い位置)に配置しているため、
グリップエンドに取り付ける場合に比べ、スイングの幅が実際より小さく計測されてしまう
ギャップを低減できるのも利点であるとしています。

dunlop_Babolat Play Pure Drive_apply_image

グリップ部分に6軸加速度/角速度センサーを内蔵しており、センシングデータは専用アプリで分析され、
ストロークやサーブ、スマッシュといったプレー内容をグラフや数値で可視化できます。

更に分析結果は世界中のユーザーと共有することが可能で、自分の世界ランキングを確認したり、
他ユーザーや一流プロと自分の技量を比較したりすることもでき
Rafael Nadal選手などのトップ選手や、アプリの世界ランキングに登録している
他のユーザーのテクニック・パワー・持久力も閲覧できるとの事。

なお、このラケットは国際テニス連盟の公認を取得しており、
2014年1月から公式戦でも使えるようになっているそうです。
実際に、クロアチアのAna Konjuh選手が2014年6~7月に行われたウィンブルドン選手権で
使用したとの事です。

アプリにゲーム性を持たせることでユーザーの使用頻度を高めることが出来そうですね。
こういったゲーム性を取り入れたアプリと連携したデバイスは今後増えてきそうです。

関連記事
日経テクノロジーオンライン:ラケットにセンサーを装着してテニスのプレーを分析するアプリ、米社が発売
ITmedia:ダンロップスポーツ、仏バボラVS社のセンサー付きテニスラケットをお披露目

当ブログ関連記事
Sony、テニスショットを分析する「スマートテニスセンサ」を5月下旬に国内発売
Sony、CES2014でスマートな「テニスラケット」を参考出展─スマホと連動



関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter