FC2ブログ

独メルク、厚木で有機ELテレビ向け材料を生産-第8世代基板対応

日刊工業新聞
独メルク、厚木で有機ELテレビ向け材料を生産-第8世代基板対応

merk_OLED_IJ-ink_atsugi_image.png
有機EL材料のインク化設備を導入した厚木事業所
 
メルクは2017年にも有機ELテレビの次世代製造方式に対応した材料の商業生産を
厚木事業所(神奈川県愛川町)で始めると報じられています。


発光材料などをインクジェット製造方式向けにインク化する設備を導入し、既にサンプル出荷を始めたとの事。
主流の真空蒸着方式では製造が難しいとされる第8世代(2・2×2・5メートル)の大型ガラス基板を使った
有機ELパネル製造を想定し、17年までに量産品質を確立するとしています。

ドイツで製造した粉末状の材料を厚木事業所の新設備で溶媒に溶解するなどしてインク化するそうです。
有機ELの主要材料のうち発光材料と正孔輸送材料をインク化。
将来は電子輸送層などのインク化も目指すとしています。
生産能力は小規模ながらも17年ごろの有機ELテレビ市場に対応できる規模との事です。

メルクは12年にセイコーエプソンから有機EL材料のインク化技術の供与を受けています。
メルクは蒸着方式向け材料も手がていますが、同社は蒸着式で採用実績を積み
長期的にインクジェット方式で採用を増やす戦略を掲げています。

有機ELテレビの開発と製造は韓国など海外企業が中心となっていますが、
それでも技術提携先が日本企業であることや日本拠点に技術者がそろっていることもあり、
厚木事業所で当面は量産することを決めたとの事です。

メルクは以前よりLGDと有機EL用インクジェット材料の開発で提携していますが
日本は材料メーカーが強く、他社情報も入ってきやすい状況であることも一因かもしれません。
産業革新機構、Panasonic、Sony、JDIが設立した有機EL新会社である
「JOLED」も印刷技術を用いて有機ELを製造すると表明しており、両社の協力体制も期待されます。

当ブログ関連記事
有機EL新会社「JOLED」設立へ―Sony、Panasonic、JDIが連合
【液晶パネル】 LGD、OLED増産に700億円投入
AUOが65型有機ELディスプレーをインクジェットで試作
半導体エネルギー研究所とNokiaなど、折り畳める有機ELパネルを開発
【液晶パネル】 サムスン、フレキOLED新工場の稼働急ぐ 「Galaxy S6」搭載で iWatchも視野
【液晶パネル】 独メルクとLGD、OLEDのインクジェット製造で提携か
住友化学、有機EL印刷技術で真空蒸着法並みの解像度を実現
【人とくるま展】住友化学、印刷で造れるフレキシブル型の有機EL照明を出展

  
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter