FC2ブログ

4.7型iPhone 6受注比率で鴻海・ペガ拮抗の観測強まる

EMSOne
【EMS/ODM】 4.7型iPhone 6受注比率で鴻海・ペガ拮抗の観測強まる

apple_iphone6_201409_release_image.png

アップルの次世代スマートフォン「iPhone 6」4.7型の受注比率について、
直近の台湾市場では台湾Foxconn鴻海)が5〜6割、台湾ペガトロン(Pegatron和碩)が4〜5割
との観測が定着しつつあるようだと報じられています。


台湾紙『経済日報』が報じたもので、市場では、ペガトロンのiPhoneシリーズ出荷台数が、
2013年の1500万台から14年には8割増の2800万台にまで拡大するとの観測が流れているようです。

5月の時点ではPegatronの受注比率は15%程度と報じられていましたが、
そこから大きく伸ばしている模様です。

当ブログ関連記事
昆山爆発の余波 iPhone6にも影響の可能性
iPhone6 部品供給業者(サプライヤー)まとめ
【EMS/ODM】 4.7型iPhone 6、ペガトロンが15%受注 14年9月出荷へ


関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter