FC2ブログ

スマートウォッチは時計メーカーを脅かすか

WSJ
スウォッチのスマートウオッチ対応、アップルの気配が促す

swatch_vs_amartwatch_image.jpg

スイスの大手時計メーカー、スウォッチ・グループ は、
スマートウォッチに対して懸念し始めているようです。


当初、同社はスマートウォッチに対して重要視しておらず、
自社のビジネスを混乱させることはないと踏んでいたようです。
スウォッチのニック・ハイエック最高経営責任者(CEO)は、
自社の高級ブランド「オメガ」や「ブレゲ」のような気品はスマートウオッチにはないとし、
スマートウオッチのディスプレー画面は小さすぎて便利でないと話していたそうです。

ですが、ここに来てスウォッチの株価が低迷していることを受け、
デジタル腕時計の「タッチ」にスマートウオッチの主要機能である
フィットネス機能を導入することを明らかにしています。

同社は、高級時計を中心としたライバルの動きよりも、
売り上げの30%を低・中価格帯のブランドが占めることから
スマートウオッチの相次ぐ発売から打撃を受けやすいとみられています。

スマートウオッチは通常150〜300ドル(約1万6000円〜3万1000円)で販売されていますが、
その価格帯はスウォッチのプラスチック製時計の最上位機種やクオーツ腕時計の
低価格機種の価格帯とほぼ同等であり、
アップルがスマートウオッチを発売すると予想されているため、年内に競争が激化するとみられています。

WSJ_smartwatch_compare_image.jpg

アップルとの競争はとりわけ厳しくなる可能性があるとされており、
コンサルタント会社のスマートウオッチ・グループによると、アップルのスマートウオッチ販売台数は
今年400万台、初の通年販売となる来年は最大5000万台に達する可能性があると見られています。

記事でも指摘されているように、これまでのところスマートウォッチの市場は
いまだ活況とはいえませんが、投資家を含めた市場の反応は
今後も時計メーカーの株価に影響を及ぼす可能性があるといえそうです。

一方で高級時計とスマートウォッチとは確かにジャンルとして食い合わないとは思います。
矢野経済研究所の2014年度国内時計市場に関する調査結果では
「伸長トレンドに突入した」との表現が見られます。

矢野経済研究所
国内時計市場に関する調査結果 2014

また、普及帯価格の製品については
カシオ時計事業部長の増田氏のコメントも参考になるのではないかと思います。
カシオとしてはスマートウォッチについては「別ジャンルの製品」と捉えているようです。

当ブログ関連記事
転換点となったG-SHOCK、カシオはスマートウオッチを作るのか――増田裕一さん

  

関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

- とおりすがり - 2015年10月12日 17:36:00

一般的に“高級ブランド”と言われる機種は、みんなアナログばかりですよね。オメガやロレックス等。
今やデジタル時計は、学生用や仕事用の安物というイメージがあるかもしれませんし… 昨今のスマートウォッチは、デジタル画面の時計=安物というイメージを少しは崩してるかもしれませんね。

カシオの腕時計も、近年ももう高級機種はアナログばかりだったのが不満だったんですが… 来年にはいよいよカシオもスマートウォッチを発表しますね。数年振りにカシオも高級デジタル時計に立ち返る事、期待したいですよね。

- miyabi - 2015年10月19日 01:13:53

コメントありがとうございます。


時計に対するイメージは確かにデジタル=安物というイメージがあるかもしれません。
スマートウォッチ(とりわけ高級帯品)の伸びについてはいかにこのイメージを打ち砕くか、
というところにポイントがある気がします。
時計メーカー各社がスマートウォッチに参入する中、カシオの製品ははたしてどういったものになるのか、
期待したいと思います。

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter